おススメ動画BLOG
RL360°とは マン島とは

RL360°の前身はロイヤルロンドン360°で、イギリス大手保険会社Royal London Group(ロイヤルロンドングループ)傘下の生命保険会社として1861年マン島に設立した保険会社です。

2013年Royal London Groupは、金融投資会社Vitruvian Partners LLPに、ロイヤルロンドン360°の株式を売却しました。その際社名をRL360°に変更し現在に至ります。

現在でも同社をロイヤルロンドンと呼ぶ方がいらっしゃいますが、正確にはRL360°(アールエルスリーシックスティ)です。

RL360°の格付けは、Moody’sでA2の信用格付けを取得しています。

そしてこのRL360°が籍を置くのがマン島です。

マン島と聞くと、日本の方には、オートバイのTTレースになじみがあるかもしれないですね。マン島は、イギリス本土とアイルランドの間に位置する、人口84,000人の小さな島で、自治権を持った英国王室属領国です。元々はイギリス人富裕層の資産リスクの分散・回避先として発展してきましたが、現在は非常に安定した政治・経済を盾に、ヨーロッパのオフショア金融センターとしての地位を確立しています。

マン島は、金融の中でも【保険】に特化したオフショアとして有名です。その理由は、マン島政府が法律によって契約者の資産を守る、契約者保護制度(Policyholder Protection Scheme) を1991年より導入しているからです。

FINANCIAL SUPERVISION ACT 1988
LIFE ASSURANCE (COMPENSATION OF POLICYHOLDERS) REGULATIONS 1991
という法律の下、マン島籍の保険契約者は、保険会社の不正等により契約者に支払いが出来ない状況に陥った時、最大90%までその時点の時価に対して政府が保証する制度です。(詳しくはこちら

RL360°は、マン島に登記する保険会社ですから、このスキームの対象となります。未だかつてこの保護制度が施行されたことはございませんが、マン島籍であることは一つの担保としてみることはできると思います。

最後にオフショアについて一言付け加えておきます。
オフショアの金融機関であればどこでもよいかというと、そうではありません。。

オフショアには地域によって得意・不得意がございます。マン島は生命保険に強い地域です。ミクロネシアであればキャプティブであったり、バミューダであれば大型生命保険であったりと、その得意分野は地域によって様々です。オフショアの違いについてはまた別の機会にお話しできればと思います。

次回はRL360°が提供する、日本人が契約可能な商品について考察します。

おさえておきたいその他の記事