RL360°とは マン島とは

RL360°とは

RL360とは、マン島に籍を置く生命保険会社です。前身はロイヤルロンドン360°で、イギリス大手保険会社Royal London Group(ロイヤルロンドングループ)傘下の生命保険会社でした。2013年Royal London Groupは、ロイヤルロンドン360°の株式を、金融投資会社Vitruvian Partners LLPに売却しました。そして社名もRL360°に変更し現在に至っております。

同社をロイヤルロンドンと今でも呼ぶ方がいらっしゃいますが、正確にはRL360°(アールエルスリーシックスティ)です。

RL360°の信用格付けは、Moody’sでA2を取得しています。

このRL360°が籍を置くのがマン島ですが、マン島と聞くと日本の方には、オートバイのTTレースになじみがあるかもしれません。マン島は、イギリス本土とアイルランドの間に位置する、人口84,000人の小さな島で、自治権を持った英国王室属領国です。元々はイギリス人富裕層の資産リスクの分散・回避先として発展してきましたが、現在は非常に安定した政治・経済を盾に、ヨーロッパのオフショア金融センターとしての地位を確立しています。

マン島とは

マン島は、【年金保険】に特化したオフショアとして有名な地域です。そしてマン島最大の特徴は、政府が法律によって契約者の資産を守る「契約者保護制度(Policyholder Protection Scheme)」を1991年より導入している点です。

「FINANCIAL SUPERVISION ACT 1988 LIFE ASSURANCE (COMPENSATION OF POLICYHOLDERS) REGULATIONS 1991」という法律の下、保険会社が不正を行い、契約者への保険金支払いが不能となった場合、政府が最大90%まで保証する制度です。(詳しくはこちら

実際は、未だかつてこの保護制度が施行されたことはございませんが(そもそも不正を行いそうな保険会社はマン島に籍をおけない)、マン島籍の保険商品はは、資産の信用担保は高いと言えます。

オフショア地域は、一般的に金融に秀でた地域という理解と解釈されますが、地域によって得手不得手がございます。例えばマン島は、上記の保護制度を特徴とした年金保険に強い地域ですし、ミクロネシアであればキャプティブ、バミューダであれば大型生命保険、ケイマン諸島であればヘッジファンドなど、法律や制度により様々です。オフショアの違いについては、また別の機会に取り上げたいと思います。次回はRL360°が提供する、日本人が契約可能な年金商品について考察いたします。

https://globalsupporttaiwan.com/meaning-of-offshore-hongkong/
おさえておきたいその他の記事