おススメ動画BLOG
インフレターゲット(物価目標)とは

インフレーションとは、物価上昇の事です。ですからインフレターゲットとは、物価上昇目標という意味になります。

インフレすると、モノが値上がりしていくわけです。これは、お金の価値が減少したことと同じです。

実は、多くの先進国の中央銀行は、一定のインフレを目指す金融政策を行っています。

そして日本も多分に漏れず、今は明確なインフレ目標を掲げています。

2013年1月22日、金融政策決定会合(金融政策の運営に関する事項を審議・決定するの会合)において日本銀行は、「物価安定の目標」を中心的な物価指標である消費者物価の、前年比上昇率で2%とすることとしました。

参考資料: https://www.boj.or.jp/announcements/release_2013/k130122b.pdf

どういうことかというと、日本銀行は、世間の物価が毎年2%ずつ上がっていくように色々な金融政策をすることを決定しました、と言っています。

今日100円のジュースは来年102円で、再来年は104円で、翌年は106年・・・といった具合に物価が上がっていくことを望んでいるわけです。

大抵の方は、モノの値段が上がるのはうれしくないですから、インフレはしない方がいよい、ということになるかもしれません。

では何故中央均衡は、人々が望まない物価上昇を目標にするのか、その答えを紐解いていきましょう。

まず最初に、次の質問で、どちらか購買力の点でよいか選択してみます。

質問1

Q:1年間で①収入が1%下がるのと、②収入が1%上がるのではどちらがよいですか。

A:多くの方は、②を選択しますよね。収入増えたほうが購買力が上がり、より多くのものが買えるからです。

質問2

Q:1年間で①物価が2%下がるのと、②物価が2%上がるではどちらがよいですか。

A:多くの方は、①を選択しますよね。モノの値段が上がるより下がった方が、より購買力が上がると考えるからです。

質問3

Q:質問1と2を混ぜまして、1年間で①収入が1%下がって物価は2%下がるのと、②収入が2%上がって物価は1%上がるのではどちらがよいです。

A:多くの方は①を選択しそうです。何故なら、①は収入が下がって残念ではありますが、その間世の中の物価はもっと下がったことで、結果的に購買力の点では少し上がりました。一方②は収入が上がって嬉しいのですが、世の中の物価は収入増以上に上がってしまっため、結果的に購買力の点では少し下がりました。そう考えると多くの方が①を選択するでしょう。

質問4

Q:では1年間で、①収入も物価もそれぞれ2%下がるのと、②収入も物価もそれぞれ2%上がるのではどちらがよいですか。

A:この場合は、数字上はそれぞれ上がった分と下がった分が一緒なので、お互い相殺されてしまうので、①も②も数字上では購買力はかわらないとなりそうです。

ではここで最後の質問です。

質問4の状況で、人がよりお金を使いたくなるのは、どちらでしょうか。

これですと、、、人は②の、収入も物価も2%あがる時に、よりお金を使います。

それぞれ見てみます。

まず①ですが、収入が減ると、人は消費活動を制限します。将来に対する不安や備えのため、財布のひもが固くなったり我慢したり、消費活動を制限しますね。するとモノが売れませんので、企業も収益が上がりません。だから給料も上げられない、、といった負のスパイラル、不景気がこの状況です。売れないから安くする。そうして物価は更に下落していきます。これをデフレーション(デフレ)といい、過去20年の日本が正にこれでした。

次に②ですが、収入が増えると、今まで変えなかったものなど買ったりして消費活動が活発になります。人々の財布のひもが緩み、買わなくていいものまで買ったりすることもあるでしょう。モノが売れますから、企業の収益が上がります。そして更に賃上げもあるでしょう。モノが売れるので、需給のバランスから物価は上がります。いわゆるインフレーション(インフレ)です。モノが売れれば、工場を拡大してさらに増産する企業などもあるでしょう。するとそこには新たな雇用も生まれます。新たな雇用は新たな消費に繋がります。

どちらがよいか、何となくイメージでもお分かりいただけると思いますが、中央銀行が目指しているのは、まさに最後の質問の②なのです。

少しずつ物価が上がる(インフレする)ことで、景気がよくなり、雇用や社会を安定させたいから、個人レベルではあまりうれしくない物価上昇を目指しているのです。

実際のこの物価目標を達成できるかどうかは、また別問題ではありますが、現在の日本銀行のインフレ目標が2%である事を考慮すると、日本人は自分の資産を少なくとも年利2%で増やせなければ、それは将来資産の目減りを意味するということをまずしっかり押さえておきたいですね。

おさえておきたいその他の記事