おススメ動画BLOG
資産形成で成功するためにー3つの支出を意識しましょう

3つの支出

私たちは普段生活をする上で必ずお金を使います。何気なく使う時も、考えて使う時も、そのお金を使うという行動は「消費」「浪費」「投資」のいずれかに当てはまります。この3つの定義は次の通りです。

1.消費

いわゆる生活のために、生きていくために、最低限必要なお金の出費です。

  • 食費
  • 家賃
  • 光熱費
  • 通信費
  • 交通費
  • こどもの教育資金 など

2.浪費

一時的な楽しみのためにお金を使います。衝動的であったり、後先をあまり考えないお金の使い方で、いわゆる無駄遣いがこれに相当します。

  • 利用していないのに毎月引き落とされるスポーツジムの会費
  • 買ったけど着ない洋服
  • ほとんど使うことのないクレジットカードの年会費
  • ATMの時間外手数料

3.投資

今すぐの快楽やリターンを目指すのではなく、 将来の見返りに出資するお金の使い方です。

  • 貯蓄や株式投資
  • 書籍代
  • 資格習得費用
  • 習い事の月謝

「浪費」か「投資」かは自分次第

一般的に「消費」は、生活していくのに必要な出費ですから、節約はできてもゼロにすることは難しいです。しかし「浪費」と「投資」の境界線は、実はお金を使う人の、その後の行動次第でどちらにもなり得ます

例えば、スポーツジムに支払う毎月の会費は、定期的に通って運動し、しっかり健康を維持することができれば、自分という資産価値を高めるための「投資」と言えます。しかし自動引き落としで支払うだけで、さぼって通わなければ「浪費」となってしまいます。

高級なスーツを新調し、晴れやかな気持ちで仕事に向き合い、楽しく仕事ができて、営業成績も上がっていけば、そのスーツ代は自分への「投資」と言うこともできます。しかしタンスに眠ったままでは、ただの「浪費」です。

書籍を購入し、書籍から得た新たな知識を、自分の仕事や将来に役立てることができればその書籍代は「投資」です。しかし読まずに部屋の片隅で山積みになっていれば「浪費」です。

つまり自分の行動次第で「浪費」にも「投資」にもなる支出があるということをまず理解しておくと、今後余計な「浪費」は減らせるかもしれません。

また「浪費」はお金の無駄だけでなく、時間の浪費も伴いますので出来るだけ少ない方がよさそうです。

自分への「投資」

「投資」というと、資金を必要とする「他者(他社)」に出資し、働いてもらい収益を分かち合う株式投資や債券投資をイメージしやすいですが、将来の自分のために支出することも立派な「投資」です。いわゆる「自己投資」です。株式投資で得られる収益は、長期ではある程度決まったレベルに落ち着きますが、自己投資ですと、上にも下にも無限大です。全て自分次第ですから、自己投資は最も効率的で面白い投資ということもできます。

例えば英語を一生懸命勉強し、その後の仕事の可能性や人脈作りがグローバルに広がるのであれば、その英語習得にかかったお金と時間は、一生ものの資産形成と言えるでしょう。

若い時は時間も吸収力もありますので、自己投資におけるリターンは高くなる傾向がありますが、どの年代になっても一定の(自己と他者への)「投資」は続けておきたいですね。

おさえておきたいその他の記事