≈台湾在住者必見≈ サン・ライフ香港の米ドル建て貯蓄型保険「Stellar(ステラ)」詳細解説 /Victory(ヴィクトリー)・Venus II(ヴィーナス2)との比較付き

サンライフ香港が新たな米ドル建て貯蓄型保険をローンチしました。その名は「Stellar(ステラ)」。香港マーケット初の、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(ガバナンス)に配慮した投資戦略を持つESG投資商品です。個人の永続的な資産形成をしながら、持続可能で豊かな社会の実現を目指す「ESG」の取り組みに貢献できる投資商品です。

貯蓄性や商品の仕組みは、サンライフ社既存の貯蓄型保険「Victory(ヴィクトリー)」と「Venus II(ヴィーナス2)」と非常に似ております。3商品の比較は、本編後半をご覧ください。

サン・ライフ会社概要

Sun Life Financial Inc

  • 本社:カナダ
  • 設立:1865年
  • 世界27か国に拠点を展開(カナダ、アメリカ、フィリピンで上場)(2021年)
  • 総資産(Total Asset)は227Billionドル(東京海上は約233Billionドル)(SWFI社2021年ランキングより参照)
  • 「Global 100」(世界で最も持続可能な企業100社を選定)に11年連続選出(Corporate Knights社ランキングより)
  • S&P信用格付け:AA

Sun Life Hong Kong

  • アジアの中心拠点として1892年に設立
  • MPF(香港の強制年金制度)の積立金を預かっており、預かり総資産は香港内第3位
  • S&P信用格付け:AA-

⇩サンライフ社の詳細は下記記事をご覧ください⇩

Stellar(ステラ)商品概要

サンライフ香港提供のStellar(ステラ)商品パンフレットはこちら(英語)

  • 保険料払い込み期間:2年払い or 全期前納(前納分の金利は1.5%)
  • 通貨:米ドル
  • 契約可能年齢:0歳から80歳まで
  • 保険期間:被保険者120歳まで
  • 被保険者:0歳以上
  • 保険料の支払いモード:月払、半年払、年払
  • 保険料の支払方法:銀行送金かクレジットカード
  • 健康診断:不要

運用リターン一例

契約者
・35歳
・男性
・非喫煙者
・保険料払込総額:100,000ドル(50,000ドル/年x2年払)

予定解約返戻金

経過年数予定解約返戻金/死亡保障返戻率平均年利
7年100,064ドル100%
10年124,299ドル124%2.32%
20年271,396ドル271%5.25%
30年544,646ドル544%5.91%
  • 元本到達予定は7年経過時です。早期解約は元本割れの可能性がございます。
  • 解約返戻金は、現在予定の運用ができた場合を想定しており、実際に受取れる金額は変動します。ただ運用実績に関わらず、一定の保証分は常に確定しております。

年金取り崩し例

例えば100,000ドルの保険料を支払い、30年間運用した場合、
65歳から94歳までの30年間、毎月3,000ドルの年金を受け取れる予定です。(受取総額1,080,000ドル・返戻率1,080%)

※現状予定通りの運用ができた場合

死亡保険金

被保険者が死亡した時点の、合計支払保険料と予定解約返戻金のどちらか大きい方が、死亡保険金として指定受取人に支払われます。

ステラの運用方針

  • 債券だけではなく、常に一定の株式にも投資をすることで、長期運用で高利回りを期待します。
    《投資戦略内訳》
    Fixed Income Assets(主に債券):25~80%
    Non-fixed Income Assets(主に株式):20~75%

その他の特徴

  • 逆相関関係にある債券と株の両方に投資することで、長期スパンで安定的なリターンが期待できます。
  • 米ドル建てですので、円資産以外の資産形成が可能です。(円安に対抗できる資産形成)
  • 部分解約ができますので、お子さまの教育資金や自助年金としての利用が可能です。
  • 契約者・被保険者をいつでも変更できますので、代々資産の継承が可能です。
  • 被保険者を2名指定できますので、被保険者の不慮の事故による解約が防げます。
  • 現在は香港への渡航なしでお申込が可能です。

ステラのリスク

  • 為替リスク:解約時の為替レートにより為替差損・差益が出る可能性がございます。
  • 流動性リスク:早期解約は元本割れの可能性がございます。
  • 信用リスク:万が一保険会社が破綻した場合、予定通りの返戻金が受け取れない場合がございます。

貯蓄型保険比較(ヴィクトリー vs ヴィーナス2 vs ステラ)

項目/商品名ヴィクトリーヴィーナス2ステラ
支払回数全期前納・5・10年払一時払いのみ2年払のみ
運用方針債券25~80%
株式20~75%
債券30~90%
株式10~70%
債券25~80%
株式20~75%
元本到達予定8年経過後7年経過後7年経過後
最低想定元本7,500ドル125,000ドル20,000ドル
契約可能年齢0-80歳(全期前納)
0-70歳(5年払)
0-65歳(10年払)
0-80歳0-80歳
契約者・被保険者変更

各貯蓄型保険の予定返戻率(%)(サンライフ社の設計書より抜粋)

経過年数ヴィクトリー
全期前納
ヴィーナス2
一時払い
ステラ
全期前納
1088.000
2088.000
34.3388.303.01
418.3888.7010.06
541.3189.3020.14
666.5490.3040.25
769.83100.00100.06
8119.26120.11104.61
9126.85130.79108.96
10136.29143.47124.29
11141.38151.91131.09
12150.16160.93140.16
13162.24170.57151.84
14183.49180.87158.44
15192.56191.83165.85
16205.23203.55174.92
17214.83216.06185.84
18225.36229.42197.48
19230.32243.69221.52
20246.95260.77271.39
21263.83277.14284.54
22282.40294.11300.27
23302.17312.21316.70
24323.76331.51333.84
25346.41352.08351.81
26370.89374.00370.49
27397.47397.39389.94
28426.37422.33410.18
29457.77448.92431.22
30484.50477.27544.64
31510.99508.41556.46
32539.04541.78592.01
33576.85577.47629.59
34617.44615.63669.57
35665.54656.28712.08
各経過年数ごとに、予定返戻率が最も高いものに黄色背景

ステラの特徴

  • 保険料支払方法は2年払いか、全期前納(2年分を最初にまとめて支払う)のどちらかなので、ある程度まとまった資金が必要です。
  • 予定返戻率は、20年~24年、30年以上の運用継続でヴィクトリー・ヴィーナス2を上回る予定です。長期解約を必要としない資金を運用される場合は、ステラが有効です。
  • 予定解約返戻金は、保証分と変動分を足したものからなりますが、保証分が100%に到達するのは15年経過時です。
  • ステラは2022年9月末までお申込分は、保険料割引プロモーションの対象となっており、初年度保険料の3%が割引されます。

    《例》
    50,000ドルx2年払い(保険料総額100,000ドル)をご契約の場合、50,000ドルx3%=1,500ドルの保険料が割引

ヴィクトリーの特徴

  • 保険料支払方法が、全期前納、5年、10年から選択ができます。複数年分割払いを希望される場合はヴィクトリーです。
  • ヴィクトリーは保険料分割払いができるので、為替リスク分散効果が最も高いと言えます。
  • 将来の取り崩し(Withdrawal (引出し)や Partial Surrender (部分解約))のし易さは、最低想定元本(Minimum Notional Amount)が小さいほど、取り崩し可能部分が大きくなります。従って3商品の中では、ヴィクトリーが最も取り崩しがし易いと言えます。(ステラは初期投資金額にも寄りますが、そこそこ取り崩し可能部分は確保できるでしょう。しかしヴィーナス2は、最低想定元本がかなり高めですので、取り崩しを前提としたお申込はあまり向きません。)
  • 予定解約返戻金は、保証分と変動分を足したものからなりますが、保証分が100%に到達するのは14年経過時で、3つの中では一番早いです。

ヴィーナス2の特徴

  • ヴィクトリー、ステラは2年以内に解約した場合返戻金はゼロですが、ヴィーナス2は、初年度より支払保険料の88%が保証されております。想定外の早期解約でも12%程度の損失で済みます。
  • 予定解約返戻金は、保証分と変動分を足したものからなりますが、保証分は初年度から19年経過まで88%のままで、20年経過後100%に到します。3つの中では最も遅いです。
  • 保険料支払方法が一括払いのみですが、その分短中期におけるリターンがよくなっています。13年経過まではヴィクトリー、ステラよりも予定返戻率が高くなっており、20年未満の運用であれば、ヴィーナス2は有利と言えます。

3つの貯蓄型保険に類似した特徴

  • 運用方針は、ヴィクトリーとステラが債券25~80%・株式20~75%、ヴィーナス2は、債券30~90%・株式10~70%となっており、大きな違いはありません。
  • 契約者と被保険者の変更は、いつでも何回でも可能です。代々証券を継承しながら資産形成ができます。
  • 元本到達予定は、ヴィーナス2とステラが7年経過時、ヴィクトリーが8年経過時です。
  • 契約時に健康診断は必要ありません。
  • 香港に渡航せず申し込みが現在は可能です。

結論:ステラが適している方

  • 自助年金やお子様の教育資金をご検討中の方
  • 代々資産を継承したい方
  • 銀行預金よりリスクを取った外貨運用をされたい方
  • 20年以上の運用期間を前提としてお申込が可能な方

ヴィクトリー、ヴィーナス2、ステラそれぞれに特徴がございますので、ご自身の運用目的に合った貯蓄型保険を是非ご利用ください。

貯蓄型保険に関する詳細・ご不明点・各種ご相談は、お気軽に無料個別相談よりご連絡くださいませ。

ヴィクトリー・ヴィーナス2の詳細は、下記の記事よりご覧ください。

おさえておきたいその他の記事