台湾在住者におすすめ:定額積立投資ならRL360°のRegular Saving Planは一考の価値あり!

様々な資産形成方法の中でも、時間を味方につけることで誰にでもできる資産形成が、

「定額積立投資」

です。少額からはじめられ、時間を武器に平均点以上の運用ができる方法です。

現在日本人が契約可能なオフショア積立商品の一つに、RL360°社の「Regular Saving Plan(以下RSP)」がございます。RL360°はマン島籍の保険会社ですので、RSPはマン島の契約者保護制度の対象です。(RL360°とマン島についての記事はこちら

RSPを利用することで、RL360°が提供する約350本のファンド選択でき(最大10本)、分散投資をしながら資産形成ができます。iDeCoに近い仕組みと思っていただければよいかと思います。ただRSPのメリットは、一切の運用をポートフォリオマネージャーに委任することができる点です。運用次第で将来の返戻額が変わりますので、その大事な運用部分をプロに任せることができるのはありがたい仕組みです。

契約時に決めること

契約時にお決めいただくことは、以下3点です。
1.契約年数(積立期間)を5~30年で選択
2.積立金額(最低31,000円~)
3.積立投資に使用するクレジットカード(Visa・Master・JCBは手数料無料、Amexは1%)

積立通貨は日本円の他に、米ドル、ユーロ、ポンド、香港ドルなども選択出来ますが、日本がベースの方は、カード会社に支払う為替手数料を考慮すると、日本円での積立をお勧めいたします。クレジットカード以外に送金での積立もできますが、マン島への海外送金となるためコスト的にお勧めしません。

仕組みと手数料

契約年数初期口座期間(カ月)
5~1818
1919
2020
2121
2222
2323
24~3024
初期口座期間は契約年数による

まず積立開始後一定期間は、「初期口座」に積立金は入り、そしてファンドに投資されます。期間は、契約年数によって決まります。(右図参照)初期口座の満期前解約は、早期解約手数料が発生しますので、基本的に満期まで保有すると思っていただくのがよいです。

初期口座積立期間を終えた後、積立金はもう一つの「貯蓄口座」と呼ばれる口座に積み立てられ、ファンドに投資されます。仮に25年契約の場合ですと、2年間初期口座に積み立て、その後23年間は貯蓄口座に積み立てることとなります。貯蓄口座は、手数料なくいつでも部分解約ができます。

そしてRL360は下記の手数料を口座から自動徴収します。

初期口座に対して
・口座設定費用(Establishment Charge):初期口座時価総額の0.5%/月
・管理手数料(Administration Charge):初期口座時価総額の0.125%/月が、満期まで毎月自動的に徴収されます。

貯蓄口座に対して
・管理手数料(Administration Charge):貯蓄口座時価総額の0.125%/月
・プラン費:毎月775円(マン島インフレ率によって変動します)

貯蓄口座の使い方が成功のカギ

RSPをより有効に活用するためには、いかに多くの資金を「貯蓄口座」に積み立てられるかがポイントです。

初期口座は、18~24カ月分の決まった金額しか積立しません。そして口座設定費用と管理手数料で年7.5%の手数料がかかりますので、中々運用益が反映されにくい口座と言えます。

一方貯蓄口座は、初期口座より圧倒的な資金を積み立てることができますし、手数料も初期口座に比べ安いので、運用益が反映されやすい口座と言えます。そして貯蓄口座の割合が大きくなればなるほど、積立口座全体の費用割合も下がっていきます。(RL360°が出している費用サンプルはこちら

結論として最も効率的にこのRSPを利用するには、【満期まで積立を継続すること】の一言に尽きます。途中運用には紆余曲折あると思いますが、とにかく続けることが成功への道です。

【積立一時停止】
とは言え、商品のルールとしまして、初期口座積立期間を終えていれば、積立金額の減額や一時停止は可能です。減額時の最低積立金額は31,000円で、それ以下の場合は一時停止です。積立停止中は、管理手数料が3倍となりますので、基本的に積立停止はよほどの事情がない限りお勧めできません。
【部分解約】
貯蓄口座の資金は、満期前でも手数料なく部分解約は可能です。(ただせっかく積み立てた資金ですので、長期的運用の観点では出さない方がよいです。)

3つのボーナス

積立金額や契約年数によって、3種類のボーナスが受け取れます。(ロイヤリティボーナス、エクストラアロケーション、プレミアムインセンティブ)これらはあくまで、言ってしまえばボーナスという名の手数料の戻しです。しかし当然貰えた方がよいですから、上手にご利用下さい。

ロイヤリティボーナスは、満期時に支給されるボーナスです。例えば25年契約において、滞りなく25年間積立をすると、0.25%x25=6.25%のロイヤリティーボーナスを獲得します。そのボーナス率を、満期時の積立口座時価総額に掛けたものが支給されます。
例)満期時に積立口座に2000万円
2000万円x6.25%=125万円が支給されます。積立をしっかり継続すればするほどボーナスも増えます。

エクストラアロケーションは、積立金額によってもらえるボーナスです。このボーナスの対象は月額85,250円以上からです。
例)10万円の積立をされる場合
エクストラアロケーション:10万円の1%=1,000円支払い10万円で、10万1千円の積立
147,250円以上の積立ですと、2%のエクストラアロケーションを獲得いただけます。

プレミアムインセンティブは、初回積立時にもらえるボーナスで、契約年数10年以上、積立金額46,500円以上の契約が対象です。
例)10万円の積立を25年で契約
プレミアムインセンティブ:10万円の6カ月分=60万円
初回積立時は、10万円の支払ですが、70万円の積立として運用がスタートしていくことになります。

積立口座の運用方法

積立口座の運用については、運用アドバイザー(IFA(Independent Financial Advisor))を任命し、ポートフォリオの管理を全て任せることができます。IFAに支払う報酬は、積立口座の1%/年です。報酬はパーセントですので、IFAは顧客の資産を増やせれば、その分報酬額は増えますので、いい成績を出そうと奮闘します。(いわゆる成功報酬型)

運用経過(現在投資中のファンド、ファンド価格、総資産額など)は、運用アドバイザーが毎月発行する運用報告書やRL360°のウェブサイトでいつでも確認できます。

またIFAはあくまで契約者から委任を受け運用を担当するのみです。資金の管理は、あくまでRL360ですのでご安心ください。

積立商品のメリット

積立商品の特徴を挙げてみます。

  • 小額から資産形成ができる ⇒資産形成の王道は「定額積立投資」です。
  • ファンドの売買手数料が無料 ⇒通常個人でファンドを売買すると、その都度売買手数料が発生しますが、この積立口座では無料で売買ができます。
  • 世界中のファンドにアクセス・投資ができる ⇒RSVから投資可能なファンドは約350本ございます。日本の個人投資家が購入できないようなファンドも多くございます。そのようなファンドに小額から投資ができるのは、この仕組みのメリットです。
  • 税の繰り延べ効果 ⇒運用中に積立口座に収益が出ても、税の対象となりません。将来現金化するまで税の繰り延べができます。
  • 一定の流動性確保 ⇒貯蓄口座は、いつでも部分引出しができます。
  • 運用(ポートフォリオの構築/投資信託の選択)をプロに任せることができます ⇒運用の知識がなくても、プロに委任することで資産形成ができます。

積立商品のデメリット

将来の受取金額は運用の結果により変動しますので、元本割れの可能性もございます。また満期前の部分解約や積立金減額・一時停止は、運用結果を下げる要因となります。

どのような人に適しているか

昨今日本ではようやく確定拠出型年金や、iDeCo、積立NISAといった、積立運用ツールが使い易くなってまいりました。運用先の選択肢がまだまだ少ないという課題はございますが、税控除がありますので、まずは活用できる方はご検討いただくのがよいと思っています。ただ金額の上限がございますので、それを超える部分をRSVを賄ったり、自分でポートフォリオを考えるのが面倒な方に向いていると思います。

積立投資は資産形成の王道と言われております。小額から資産形成が始められる積立投資は、特に若年層には是非ご検討いただきたい運用手法です。

積立投資は長期運用が前提の投資で、結果が出るまで時間がかかります。途中マーケットによっては時価総額がマイナスに転じることもあるかもしれませんが、とにかく継続していただくことが成功への第一歩です。

参考:RL360°社のRegular Saving Planの商品概要はこちら

おさえておきたいその他の記事