おススメ動画BLOG
台湾在住中に是非出来ることから始めましょう。「財産三分法」のススメ
財産三分法

資産運用の方法はさまざまありますが、絶対これです!といった方法は残念ながら存在しないと思われます。いつも申し上げている通り、全ての運用には、必ずリスクとリターンの両方の側面があり、あくまで取ったリスクの対価がリターンという関係性だと申し上げてきました。従って、一つの運用に偏ることをなるべく避け、バランスのよいリスクとリターンがとれた運用を目指すことで、より安定した収益が期待できると思います。そこで今日は、伝統的な資産運用の手法、「財産三分法」という考え方をご紹介したいと思います。

財産三分法は、ご自身のアセット(資産)を3つの資産に分けるようアドバイスしています。

①金融資産

一つ目は、「金融資産」になります。株式・債券・投資信託はすべて金融資産になります。その中でも、我々のような一般投資家は、投資信託が上手に使えるとよいと思います。と言うのも、やはり単体の株式に投資するのは、それなりの経験と知識、そしてリスクを伴います。(その会社が破綻すると、ゼロになる可能性もあります。)そこで投資信託を通すことで、沢山の株式に分散出資できることになります。

仮に、トヨタ自動車の株式に投資をしたとすると、トヨタの社員や経営者が頑張ってくれて、儲かっている間は、収益(配当やキャピタルゲイン)をもたらしてくれます。しかしトヨタの業績が落ちてしまうと(例:リコール問題が発生)、一気にトヨタから収益が得られなくなるかもしれません。

トヨタ自動車単体の株式を保有する代わりに、自動車産業全体に投資するような投資信託を持っていたとすると、トヨタの業績が落ちたとしても、自動車が変わらず売れているマーケットであれば、トヨタの自動車が敬遠されたとしても、トヨタ以外の自動車を購入するでしょうから、そこから収益を上げることができ、結果的に投資信託からは収益を上げることができるでしょう。単体の株式に投資するよりリスクがヘッジできてるのが、投資信託のメリットです。

しかし、もしかしたら自動車産業は電気化によって将来がない、なんて仰る方がいるかもしれません。もしそうだとしたら、多分自動車に代わる何かしら別の移動手段の産業が台頭してくることになるでしょう。(何か新しい価値を生み続けて、経済は発展を続けています。)ならばこの際、世界中の企業にまんべんなく投資することができたら、世界のどこかで企業が発展し、収益を上げ続けている限り、収益をもたらしてくれるでしょう。世界株式投信はまさにこの意に沿った運用と言えます。(株式投資がどうやっても収益をもたらさなくなったとしたら、、、それは資本主義経済が終焉する時かもしれません)

②不動産

不動産は非常に魅力的な資産運用の一つです。持つことで安定的な収益をもたらしてくれます。しかし不動と言うぐらいでして、流動性が低いのがデメリットです。現金化したい時は買い手が居ないとできませんので、ある程度の余剰資金(すぐに換金する必要がない資金)での運用がマストになりまあす。そして一言で不動産といっても、国内不動産か海外不動産か、戸建てかマンションかなど、家賃かキャピタル狙いか、借り入れをどうするかなど色々と考慮する必要があり、また専門的な知識も必要になってきます。

そこで一つの方法として、REIT(リート)を利用する方法があります。金融資産と若干かぶってしまうのですが、REITを使うことで運用先の分散効果はもちろんありますし、何より不動産のプロが不動産投資先を選別してくれているのも有難いです。

③現金

そして最後は、やはり現金になります。ただ現金も日本円だけを保有するのではなく、米ドル、ユーロ、中国元といったメジャー通貨に分けて保有するのが理想です。通常台湾に在住されている方は、普段の生活分は台湾ドルで持ち、その他貯蓄や保険、運用といった部分は是非その他の外貨を少し意識されてみて下さい。個人的には今のアメリカ主導の資本主義経済が継続する前提であれば、米ドルはマストだと思います。(下記過去ブログ参照下さい)

偏る事はリスク

ということで「財産三分法」における、3つの資産をご紹介してきました。

実は割とこれができている人は少なくて、ほとんどの人がいずれかに偏っていることが多いです。

・イケイケで株式投資ばかりされている方(金融資産が多い)

20年前の私が正にこれなのですが、金融資産に偏ると、リーマンショック、コロナウィルスショックなどの市場変動で、資産価値が一時的に半分になってしまうようなこともあり得ます。要するに価格変動リスクが高くなります。

・自分の専門は不動産だといって不動産ばかりの方

もし不動産の割合が増えると、震災のような大地震があると、その地域の不動産は一気に影響を受けます。家賃収入、売却も難しくなります。いわゆる流動性リスク(現金化のしにくくさ)が高まるのが不動産の特徴です。

・昔の感覚で今も預貯金(現金)ばかりの方

現金は、株価暴落や天災等の直接の影響を受けませんが、経済が成長し、中央銀行が目指すインフレターゲットが達成されれば(今の日本銀行のインフレターゲットは年2%)、昨今の低金利では、実質資産の目減りを意味します。要するに現金保有は、インフレリスクを伴っています。

この三分をしっかりできている方は、中々いらっしゃらないかもしれません。いずれにかに偏ってしまうことで、気づかないうちに何かしらのリスクが高まっていることをまずご理解下さい。

以上のことからも、偏ることなく、バランスよく資産を三分することが、リスクヘッジの点でも実はとても大事だということになります。そして実は、この財産三分法をただ実践するだけで、資産は自然と増えていくことに多くの方が気づいていません。その理由はまた次回お話します。

ご自身での分散ができているかどうか気になる方は、何時でお個別相談お受けいたしております!

おさえておきたいその他の記事