おススメ動画BLOG
ケーススタディ:この海外投資はありなし?

先日私の日本のちょっとした知り合いからメッセージがあり、ある投資話を知り合いから教えてもらったのだけど、金融に携わる私がどう思うか、アドバイスが欲しいという相談でした。その内容を抜粋しますと、以下の通りです。

  • 日本では通常億単位の資産がないとできないといわれているプライベートバンキングを、外国の銀行で日本人も始めることができるのか?
  • 利率もいいし、リスクもなさそうなことを言われたが、そんなの聞いたことはないのであれ?とおもった。

そこでもう少し詳細を教えてくれるようメッセージしたところ、下記が追加で送信されてきました。

  • 信用のできるお知り合いの知り合い(すでに他人ですが)からの紹介(そして二人とも会計には詳しい方々)
  • 内容については簡単には教えてはくれるのだが、詳細を知りたい場合は、NDA(守秘義務)を結ばないと教えては貰えない。
  • プライベートバンキングで、実質金利8%以上を約束。複利運用
  • 投資単位は数百万円以上(詳細は不明)
  • 2年間は解約が出来ない
  • これ聞くと、すごく良い気がしませんか?

という具合で、この方は少し心が傾いているわけですが、さて皆さんはこの情報から、この投資をどう思いましたか?魅力的だと思いましたか?投資したいと思いましたか?それともやめますか?そしてその判断の理由は何ですか?

もっと詳細がわかれば、より判断しやすいのですが、この情報のみで私がどうするかと聞かれましたら、

もうこれ以上深入りする必要はないと思います。

残念ですが、この投資案件は、詐欺の可能性が非常に高いです。

では一つ一つ見ていきます。

・プライベートバンキングのビジネス
まず、プライベートバンキングのサービスを提供するような銀行が、小口数百万円の預金を複数口集めて運用することは通常ではありません。プライベートバンクが得られる収益というのは、一般的に顧客の口座残高の1%程度です。1億円預けてもらって年間100万円の手数料しかいただけないのです。百万円の預け入れで、1万円の手数料しか徴収できなかったら、事務手続きばかりが増えて、収益性が下がる一方です。

・日本の会計士さんと海外金融
会計士の先生方は、金融とは言え、専門はあくまで会計であり、海外金融は全く別ものです。日本には金融商品取引法と言う法律があり、日本の金融庁の認可を受けていない金融商品は、日本国内で営業ができません。従って自ら海外の情報を取得しにいかない限り入ってこないのが現状です。顧客に対して、情報提供を目的として海外金融を勉強されてる先生もいらっしゃるのは事実ですが、本業がある中で、専門でないものを正しく判断出来る方がどれだけいらっしゃるかというと、それほど多くはないかなというのが私の肌感覚です。

・NDA(守秘義務)がるのは何故?
守秘義務に関しては、それだけ重要なことであればないこともないんでしょうが、他人に相談させないで投資判断をあおるための手口のような気がします。守秘義務締結後、もしご説明いただく方がその銀行の行員の方でなかったとしたら、なおさらおかしいですね。

・年利8%をやくそくできるものか。
年利8%を2年間約束するというのは、この低金利時代においては、かなりすごいことです。そしてそれは、普通に考えたらちょっと常識を超えるリターンです。何故かと言うと、まず株式投資ですら、長期運用で得られる平均実質リターン7%と言われています。これはあくまで「平均」であり、途中マイナスになることもある、上下を繰り返した結果の平均値です。債券であれば、長期で実質3-4%が過去における平均リターンです。これらを一つのベンチマークとして比較すると、この8%2年間保証という数字がいかに出来過ぎかは明白です。投資通貨、運用手法はわからないのですが、いずれにせよちょっと話がよすぎますね。

・2年解約不可
これは運用する側としては、約束していた期間より早期で引き上げられてしまうと、当初の予定通りの運用が出来なくなり、利回りが確保できなくなることはあるので、こういった制限を設けることは、運用する立場から言った場合理解できます。保険の早期解約手数料はまさにこの仕組みです。

このブログを書いていたら、また知り合いからメッセージが来まして、紹介してくれた知り合いと話していて、二人でまだ迷っているとのこと。2年経ったらこまめにチェックして、危なそうだったら全額引き上げればよいかな?とのことでした。

もしこの案件が詐欺だとしたら、現段階では2年縛りと言っていますが、2年後に引き出そうとした時に、運用に何かしらの問題が発生し、引出が制限されたりする可能性が高いです。そして、結局全額は引き出せなかったり、また場合によっては、2年後連絡が一切取れなくなったりすることは十分ありえます。

以上のようにみてきますと、色々と疑問に思うことが多すぎて、納得できることが少なすぎるわけです。当然詳細を聞いていないからなのですが、もう現時点で詳細を聞くまでもない、というのが私の結論です。

自分で全て納得ができなければ、基本的にその投資は控える方がよいです。

納得ポイントは、人によって、知識によって個人差があるのは仕方ないのですが、こういった投資案件の白黒を判断するための、しっかりとした物差しを持てていない日本人が多いのは事実であり、今の日本の経済教育・投資教育の大きな課題とも言えます。

海外投資を謳った詐欺は、来ては消え、来ては消えの繰り返しです。今までいろいろな案件を見てきました。私自身それなりの判断は出来ると思っておりますので、もし今されている投資について不安があったり、また検討中の投資でもお分かりにならないことがあれば、遠慮なくいつでもご相談下さい。

おさえておきたいその他の記事