資産運用でお悩みの皆さまへ

資産運用でお悩みの皆さまへ

「香港の生命保険」という資産運用の選択肢

台湾駐在員はじめ、海外に在住する日本人は、日本の金融機関・金融商品を採用した資産運用ができない、という問題に直面します。そして台湾や海外の運用を模索すると、香港が一つの候補として浮かび上がってまいります。

実は香港は、アジアで最も金融が進んだ「オフショア地域(金融先進地域)」です。世界トップクラスの金融機関が多く進出・競争している地域ですので、有利な金融商品も多数ございます。生命保険も例外ではなく、利回りは日本とは比較になりません。そして最近では、保障目的ではなく、運用目的の生命保険商品、いわゆる「貯蓄型保険プラン(Saving Insurance Plan)」が、資産運用ツールとして広く認知されるようになりました。

海外在住日本人が悩める、海外駐在中における資産運用の解決策として、「香港の保険」は間違いなく一考の価値がございます。ここでは、香港の保険をご検討されるにあたり、おさえておきたいポイントをまとてめてみました。ぜひ皆様の資産運用の参考にしていただければと思います。

香港の保険メリット・デメリット

まずは、日本の保険と比較した、香港の保険メリットとデメリットです。

メリット① 高い利回り

数字で比較ができますので、最も分かり易いメリットです。下記はサンライフ香港という保険会社が発行している設計書(運用予定表)の抜粋です。

商品:米ドル建て貯蓄型保険
支払保険料:100,000米ドル(全期前納)の場合

経過年数予定解約返戻金返戻率平均年利回り
10年後136,299ドル136%3.15%
20年後246,953ドル246%4.62%
30年後484,508ドル471%5.40%
サンライフ香港「Victory」の設計書を参照


貯蓄型保険は、債券と株式に分散投資し、3~5%前後の年利回りを見込んでおります。日本の同様の保険ですと1~2%程度ですので、大きな差です。

メリット② カントリーリスクの分散

カントリーリスクとは、政治・経済状況の変化によって、その国が保有する資産価値が変動する可能性のことです。日本が抱えるカントリーリスクは、少子化リスク、地震リスク、社会保障性の問題、戦争リスク、財政破綻リスクなどが挙げられます。これらリスクを回避するには、日本の法律が影響しない、日本以外の国に資産を分けて持つしかありません。日本の財政破綻などあっては困りますが、万が一の時に、外貨建ての海外資産は大いに助けになるはずです。

メリット③ 通貨の分散

台湾駐在日本人の皆様は、お給料を(全額または一部)台湾ドルでもらう方がほとんどだと思いますので、台湾ドル資産と、日本に日本円資産も保有されている方が多いです。しかし日本在住日本人は、資産のほとんどが円資産だそうです。円資産しか持たないと、日本に有事の際財産全てを失う可能性もございますし、また日本円の下落(円安)局面は、世界標準でみた資産の目減りを意味します。

仮に資産の半分を円資産、残り半分を米ドル資産で保有したとすると、ドル円の為替変動は、一方が減れば一方が必ず増えますので、資産全体の価値に影響がなくなります。つまり通貨を分散することで、為替リスクの軽減ができます。この考え方を踏まえ、しばらく使う予定がない資産を、米ドル建て貯蓄型保険で運用しておくことができれば、通貨の分散ができ、さらに運用もできます。

では次にデメリットです。

デメリット① 言葉の問題

保険契約書や商品パンフレットは、基本的に全て英語です。香港金融業界の公用語は英語で、日本語訳はございません。また契約後の保険会社からの通知、 契約内容や解約返戻金を確認できる書類、保険会社提供のウェブサイトも全て英語です。従って英語が苦手な方には、海外投資は少々ハードルが高く感じられるかもしれません。しかしこのデメリットは、日本語サポートを有する代理店や、サポート会社を介在させることで解決できます。(弊社はそのサポートを担う会社です。)

デメリット② 情報収集が大変

情報収集はインターネットや書籍に頼ることが多いと思います。インターネットは手軽に情報が得られる点ではよいのですが、同じ金融商品の評価も180度違ったりなど、情報の精査が必須です。
海外保険商品の正しい情報は、保険会社が発信するウェブサイトを直接訪問するのが一番です。会社概要も商品パンフレットも英語ですが、全てダウンロードできます。ホットラインにコンタクトしてみたり、メールで問い合わせるのもよいでしょう。とにかく直接連絡を取ることが、最も確かな情報を得る有効手段です。

デメリット③ 為替リスク

運用通貨は米ドルですので、契約時と解約時の為替レートの差異により為替差損が生じる場合がございます。

保険会社の選定

香港はアジアの金融センターと言われ、「オフショア」と呼ばれる地域です。「オフショア」の定義は下記の通りです。

・治安が安定しており、法律・制度もしっかりしている(=資産が守られる)
・税金が安い(=運用益が出しやすい)
・金融が発達している(=競争力のある金融商品が多数)

(「オフショア」関連記事はこち

香港保険業監管局という独立機関が、香港の保険業界を管理・監督しており、香港では過去に保険会社が破綻したことは一度もございません。しかし保険契約は、満期まで長期間資金を預けることになりますので、信用力の高い大手保険会社で契約することをお勧めいたします。歴史がある、上場している、S&P社(スタンダードアンドプアーズ)の高い信用格付けを取得している、海外支社を多数出しているなど、一般によく知られている大手保険会社が安心です。

保険の種類

保険を契約する際の主な目的は、次の3種類です。

1.「保障」:万が一の事故・病気や死亡時に備えるため
2.「運用」:資産を増やすため
3.「保障」と「運用」の両方

マイホームに次いで人生で2番目に高い買い物と言われるのが保険です。 月々の支払いは大きくなくとも、長期では高額な買い物になるのが保険です。目的に合わせて最適な保険を選択することは、豊かな人生を送るためにとても大切です。

貯蓄型保険

運用◎ 保障△

主な用途:個人年金、教育資金、事業資金など

海外在住日本人に最もポピュラーな貯蓄型終身保険です。運用重視型の保険で、保険会社が債券や株式に分散投資しながら運用します。運用により将来受取ることができる金額が変動しますが一定の保証もあり、予定利回りは一般的に年利3~5%前後を見込みます。
保険期間中に被保険者や受取人を何度でも変更でき、代々証券を継承(資産継承)できる保険もございます。
死亡保険金は、払込保険料総額、もしくは被保険者死亡時の解約返戻金のどちらか大きい方ですので、被保険者死亡時は元本割れすることはありません。(契約者都合による早期解約は、経過年数により元本割れする場合がございます。)
貯蓄型保険は運用が主目的となっており、健康状態に関係なくどなたでもお申込が可能です。

保険料支払い方法:年払い、半年払い、月払い
保険料支払い期間:一時払い、2年払い、5年払い、10年払いなど
通貨:米ドル、香港ドル

例)

保険料:10,000米ドル/年 x 5年払い
保険料総額:50,000米ドル

経過年数予定解約返戻金返戻率平均年利回り
10年後59,771米ドル119%2.25%
20年後120,826米ドル228%5.01%
30年後236,556米ドル471%5.68%
サンライフ香港「Victory」の場合

死亡保障付き終身保険

運用〇 保障◎

主な用途:個人年金、教育資金、保障手当など

貯蓄型保険に次いでポピュラーなのが、死亡保障付き終身保険です。上記の貯蓄型保険に死亡保障をプラスした保険です。貯蓄保険同様、債券や株式で運用をしますが、一定金額以上の死亡保障を約束するため、貯蓄型保険より若干利回りは下がります。それでも日本で販売されている同様の終身保険より高い利回りを見込みます。
健康体の方は、一定保障分までは健康診断なし(告知のみ)で申込可能です。(例:サンライフ香港は45歳以下の場合、150万米ドルの死亡保障までは告知でお申込が可能)既往症がある場合や高額保障ご希望の場合は、健康診断が必要となります。 死亡保障額も毎年運用次第で増えるので、通常のインフレにも対応できる保険です。

保険料支払い方法:年払い、半年払い、月払い
保険料支払い期間:一時払い、2・5・10・15年払いなど
通貨:米ドル

例)35歳男性・非喫煙者・健康体

保険料:10,000米ドル/年 x 5年払い
保険料総額:50,000米ドル
初年度死亡保障:130,942米ドル

経過年数予定解約返戻金返戻率平均年利回り死亡保険金
10年後40,146米ドル80%164,418ドル
20年後104,215米ドル208%4.15%244,613ドル
30年後175,973米ドル351%4.58%320,852ドル
サンライフ香港「Life Brilliance」の場合

養老保険

運用〇 保障〇

主な用途:教育資金、期限のある資金運用など

ご自身の運用目的に合わせて、保険期間と死亡保険金を契約時に決定するのが養老保険で、俗に言う 「学資保険」は養老保険のことです。
満期まで解約しないことを前提に、通常より高い利回りが約束されますが、中途解約すると元本割れの可能性がございます。 被保険者が保険期間中に死亡した場合、その後未払の保険料は免除され、指定受取人は決められた死亡保険金を満期時に受取ることができます。

保険料支払い方法:年払い、半年払い、月払い
保険料支払い期間:一時払い、5年払い、10年払い、20年払いなど
通貨:米ドル

例)35歳男性・非喫煙者

保険料:10,000米ドル/年 x 5年払い
保険料総額:50,000米ドル
保険期間:15年

経過年数予定解約返戻金返戻率平均年利回り死亡保険金
10年後56,162米ドル112%1.46%84,357ドル
15年後84,357米ドル168%4.09%84,357ドル
サンライフ香港「Commitment」の場合

保険の申し込み方法

保険代理店もしくは保険ブローカーを介してお申し込みをしますが、どちらでお手続きをしても、契約内容が同じであれば、保険料も同じです。弊社にご用命いただいた際には、弊社提携保険ブローカーがお手続きをサポートいたします。

代理店・サポート会社の選別

もし英語があまり得意でない方は、代理店やサポート会社の選択は少しだけ慎重にしてください。何故なら保険の解約や満期は数十年後です。それまでにサポートが亡くなってしまうと、その後のお手続きをご自身でする必要が出てまいります。(英語ができる方は、最後は直接保険会社に連絡を取ることで何とかなります。)

弊社グローバルサポートは、設立15年となりますが、これからも責任と使命感を持って皆様にご満足いただけるサービスを提供し続けることをお約束いたします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。香港の保険は、資産形成のツールとして非常に魅力的な商品です。皆様が抱えるお金の問題や不安を解決する一手段として、是非一度ご検討いただければと思います。

  • 海外保険はオフショアの大手保険会社で契約するのが安心
  • 運用の目的を明確にしておく(保障か運用か両方か)
  • 満期までサポートしてくれる代理店・サポート会社をみつける

香港の保険や資産運用に関するご不明点・ご質問は、お気軽に無料相談をご利用ください。