おススメ動画BLOG
投資格言「フリーランチはない」

元本保証の保険会社破綻

最近プレミアトラスト(通称PA)という保険会社が清算手続きに入りました。プレミアトラストは2005年設立のケイマン諸島に籍を置く保険会社で、主に日本人、中国人向けに金融商品を案内しており、日本では、ファイナンシャルプランナー、保険代理店、税理士事務所などが取り扱っておりました。
プレミアトラストの設立者は、顧客から集めた投資金を私有化し、その発覚を免れるためケイマンからプエルトリコに本拠地を移管しようとしましたが、ケイマン当局によってその証拠をつかまれ、保険ライセンスを剥奪・会社清算に至りました。

プレミアトラストは、契約期間によって140~160%の「元本保証」が受けられる年金積立商品を販売しており、この「元本保証」と言うキーワードに多くの方がなびいたと推測します。しかし現在の世界経済からこの元本保証が成立し得ないことは明らかでしたので、弊社ではかねてより投資詐欺の可能性を警告させていただいておりましたが、残念ながらその通りの結果となってしまいました。
見方によっては早い段階で明らかになったことはこれ以上の被害拡大を防げてよかったと言えるのかもしれません。今もなお、同様の元本保証商品を提供する保険会社がマーケットには存在しており、日本でも契約者が増えていると聞いております。その保険会社はプレミアトラスト同様に、最近本拠地をケイマンからプエルトリコに移管しています。同じ道を辿る可能性は極めて高いと予想しますので、お心当たりのある方は、早いうちにご対応いただくのがよろしいかと思います。

一口に海外投資と言っても、上記のような偽物もあれば、本当に素晴らしい海外投資も存在します。日本は投資教育が遅れ、金融業界も遅れておりますので、そこを狙った投資詐欺がやはり存在します。高い授業料を払うことがないように、経済・金融知識を身に付け身を守っていきましょう。本日は投資の心構えと、投資詐欺の一例をご紹介します。

投資における唯一の絶対

「フリーランチはない」

有名な投資格言です。投資の世界では、「絶対儲かる」とか「絶対損しない」とか「ローリスクハイリターン」といった美味しい話はないですよという格言です。
投資で得られる(期待できる)リターンは、取ったリスクの対価です。ですからローリスクにはローリターン、ハイリスクにはハイリターンの関係性が変わることはありません。

投資詐欺の場合は、見かけはローリスクハイリターンでも、実際はハイリスクローリターン、もしくはノーリターンです。この「見かけ」の部分を見誤ってしまうと、痛い目に遭うこととなります。
投資詐欺でも、はじめるタイミングによっては被害を受けない方、儲かる方もいるのは事実ですが、通常はほとんどの方が損をし、あとになればなるほど被害が大きくなります。
下記は投資詐欺でよく目にするフレーズですので、是非気を付けてください。

「月利3%の安定収益」

システムによる自動売買や海外の仕組みを利用することで高収益が継続的に可能だと謳い、お金を集める投資詐欺は後を絶ちません。こちらは私がお客様から実際に相談を受けたことがある、数年前まで稼働していた投資詐欺です。毎月3%ですから、年利30%以上を安定的に約束する投資です。常識的に考えればまずあり得ない利回りですが、それでも信じてしまう方がいるのは、投資当初のカラクリにあります。
まずこのような投資案件は、知り合いやそのツテからの紹介がほとんどです。最初は半信半疑ですが、知り合いの紹介の為断りにくいこともあり、取り合えず無くなっても許せるような少額から始めます。すると翌月から約束の配当が指定の口座にきちんと入ってきます。しばらく継続して配当金が入ってくることで信用し、さらに欲が出てきます。100万円なら毎月3万円、1,000万円なら30万円が毎月入ってくる計算です。またお友達を紹介すると紹介料なるものも貰えたりしますので、雪だるま式に被害者が増えていきます。(ネットワークビジネスで広がるケースもあります。)
そもそも運用などされてない場合がほとんどですから、自転車操業で資金が上手くいっている間は、滞りなく配当金は入り続けます。しかし資金がある程度集まった時点、つまり詐欺グループが十分に資金を稼いだ頃合いに(だいたい3~5年を目途に)、途端に配当金が止まります。そして問い合わせするも色々な理由を付けられ、更には連絡が取れなくなり、挙句の果てには一切の資金引き上げすらできなくなり、投資は終焉を迎えます。

繰り返しになりますが、投資にうまい話はありません。過度のリターンを謳う投資は、逆に疑ってかかるぐらいの方がよいです。ちなみに年3%のリターン程度であれば、少し高利回りの国債や社債で分散運用することで可能ですが、上下変動が一切なく毎月必ず3%を確保することは、現在の金利状況ではまず無理だと思います。

「満期時140%保証」

冒頭でご紹介したプレミアトラストはまさにこの類の投資でした。
そもそも日本人は、「保証」とか「元本保証」というフレーズにとても弱いです。できれば損をしたくないと思われる方にとって、最悪でもプラスマイナスゼロで済む「元本保証」は魅力的に聞こえます。しかし「元本保証」するためには、それ相当の運用や手数料の仕組みがあってはじめて成立するものです。

似たものに、「満期時元本確保型」というのがございます。これは満期まで保有し続けた場合に、投資元本を保証します。途中解約や途中引出しには保証されません。
このタイプの投資は、まず初期投資金の8割程度を債券等の金利が約束された運用に回します。(下図A)そして残り2割分(下図B)は、レバレッジ(下図B’)を掛けてリスク資産で運用します。
B+B’分の運用が好調であれば、その時点のA分と合わせたものが解約金です。
B+B’分の運用が仮に不調で満期前にゼロになったとしても、その後満期まで待っていればA分は投資元本に必ずなりますので、最終的に元本が確保できます。この場合、満期まで待てないと損をすることになります。

何かを約束するためには、必ず何かしらの仕組みがあってはじめて成立するということをぜひ知っておいてください。そして「フリーランチはない」こともお忘れなく。ご自身の運用でご不明な点がございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

おさえておきたいその他の記事