おススメ動画BLOG
「時間」を味方にした資産運用

資産運用で成功したければ、投資の知識やテクニックを身に付けるよりも、「時間」を意識していただくだけで十分かもしれません。
時間を味方につける方法はいたってシンプルです。1日でも1カ月でも1年でも早く資産運用をスタートすることです。「時間」から享受できるメリットは短期では実感しにくい一方、長期になればなるほどその効果は絶大です。ご自身の老後年金運用のような、20年・30年といった長期運用をご検討される場合は、一刻も早く行動に移していただくことをお勧めいたします。

今日は香港で販売されている貯蓄型保険の予定解約返戻金を使って、時間のメリットを具体的な数字で実感いただきます。まず契約条件は下記の通りです。

保険商品   :香港の保険会社(カナダ本社)が提供する貯蓄型終身保険
保険料    :1万米ドル/年
支払回数   :5年
合計保険料  :5万米ドル

5万ドルの保険料を保険会社に支払い、債券や株式で運用してもらいます。20~30年運用で平均年利回りは5%前後が見込める貯蓄型保険商品です。

【経過年数ごとの予定解約返戻金】

10年後59,771米ドル
11年後63,299米ドル
12年後67,747米ドル
13年後73,918米ドル
14年後79,750米ドル
15年後85,933米ドル
16年後92,665米ドル
17年後98,865米ドル
18年後105,530米ドル
19年後114,408米ドル
20年後120,826米ドル
21年後128,711米ドル
22年後137,432米ドル
23年後146,744米ドル
24年後156,957米ドル
25年後167,908米ドル
26年後179,535米ドル
27年後192,195米ドル
28年後205,996米ドル
29年後221,025米ドル
30年後235,556米ドル
31年後248,936米ドル
32年後263,106米ドル
33年後282,162米ドル
34年後302,621米ドル
35年後324,770米ドル
Sun Life Hong Kong Victory 5 year Payの予定解約返戻金

例えば35歳の方が今すぐ運用を開始した場合、65歳時(30年後)の予定受取額は235,556米ドルです。しかし1年遅れた場合、運用期間が1年短くなることで、65歳時(29年後)の予定受取額は221,025米ドルとなり、1年遅れの代償は、なんと14,531米ドルにもなります。保険商品ですので予定返戻金の増え方は毎年一定ではありませんが、運用期間が長くなればなるほど、その差額は大きくなっていきます。

【今すぐ運用を始めた場合と1年遅れた場合のX年後の差額】

10年後5,505米ドル
11年後3,528米ドル
12年後4,448米ドル
13年後6,171米ドル
14年後5,832米ドル
15年後6,183米ドル
16年後6,732米ドル
17年後6,200米ドル
18年後6,665米ドル
19年後8,878米ドル
20年後6,418米ドル
21年後7,885米ドル
22年後8,721米ドル
23年後9,312米ドル
24年後10,213米ドル
25年後10,951米ドル
26年後11,627米ドル
27年後12,660米ドル
28年後13,801米ドル
29年後15,029米ドル
30年後14,531米ドル
31年後13,380米ドル
32年後14,170米ドル
33年後19,056米ドル
34年後20,459米ドル
35年後22,149米ドル

70歳時点では22,149米ドルも違ってきますと、たかが1年と侮ることもできないですね。

「Time is money」な意識をもってご自身の時間を有効活用いただくことで、より資産運用の成功が近づくのではないでしょうか。若い方ほど、「まだ大丈夫」ではなく、「今こそ」行動していただきたいです。なぜなら「今こそ」最も長く運用ができるタイミングだからです。

個別相談では、資産運用を始めるタイミングについてご質問を頂くことがございます。
安く買って高く売るような投機的運用の場合は、タイミングはとても重要です。しかし今回例に挙げた貯蓄型保険のような長期が前提の運用では、マーケット価格どうこうよりも、時間の有効活用の方がよっぽど大事な要素だと言えます。

資産運用にご興味がある方、または上記でご紹介いたしました貯蓄型保険にご興味がある方は、お気軽に無料相談をご利用ください。

おさえておきたいその他の記事