おススメ動画BLOG
資産形成の大切さー理想の人生を送るために

人生は一発勝負の試合と同じ

50歳という一つの節目を迎え、自分の人生を振り返り、これから残りの人生や自分の人生の意義について考えていると、人生はある種試合と一緒だなぁと思いました。ただこの試合は、生まれた瞬間から否応がなしにぶっつけ本番でスタートし、亡くなった時にホイッスルが鳴り終了する試合です。試合の目的、つまり人生の目的は人それぞれですが、この試合を精一杯楽しみたい、有意義で幸せなものにしたいと願い、日々悩み、考え、行動したりするわけです。今日は人生を試合に例えて書いてみたいと思います。是非皆さまご自身が何かしらの試合でプレーしているイメージで読み進んでみてください。

まず試合時間は「寿命」です。この試合時間の長短はひとそれぞれですが、日本人の平均寿命は現在84歳ですから、試合時間は84年です。今から60年前(1960年頃)の平均寿命は68歳でしたから、たった60年で16年も試合時間が長くなりました。ちなみにアフリカの平均寿命は今でも50才ですから、我々日本人は試合時間の長さにおいては、世界でも最も恵まれている国民と言ってよいでしょう。そしてこの試合時間はこれからさらに伸びていく傾向にあります。特に若い世代は医療技術の進歩やテクノロジーの恩恵を受けることで、試合時間はもっと長くなり、1試合の平均が100年という時代もいつか本当に来るのだと思います。

では次にこの試合を前半戦と後半戦に分けてみます。ここでは前半戦を働いている期間(定年・引退までの期間)、後半戦を老後の期間(年金生活)とします。

1960年頃の定年退職年齢(年金受給開始年齢)は60歳でした。ということは後半戦はたったの8年です。
一方現在は定年退職年齢は60~65歳ですから、後半戦は19~24年ということになります。ここで注目すべきは、全体の試合時間が延びた中で、後半戦が圧倒的に長くなっていることです。

後半戦が長くなるとは、老後の期間が長くなることです。一昔前であれば10年にも満たなかった老後が、現在では20年以上です。老後のことを「セカンドライフ(第2の人生)」という言い方も、長い後半戦が当たり前になった中で生まれた言葉なのかもしれません。

試合にはお金が必要

次にお金についてみてみます。そうです、この試合は結構お金がかかります。その金額は、個人の収入・支出の違い、結婚の有無、子供の有無、私立か公立か、マイホームを購入の有無などで人それぞれです。
しかし一つだけすべての方に共通していることは、前半戦は皆さん働いていますので、定期的な勤労所得(収入)を得ながら試合をすることになりますが、後半戦はその所得がありませんので、貯蓄を取り崩したり、年金をもらいながら試合をすることになります。ですから収入の観点からみると、後半戦は定期的な勤労所得がないことが問題となる可能性があります。

この後半戦の支えの一つが年金ですが、60年前であれば、政府は一人当たり8年分だけ支給していればよかったので十分な年金を支給できました。しかし現在は後半戦の期間が当時の約3倍になり、また急速な少子高齢化で、年金を支払ってくれる人は減り、年金を必要とする人が圧倒的に増えていますから、以前と同様の大盤振る舞いができなくなってしまいました。年金受給年齢の引き上げ、消費税の引き上げ、医療負担の引き上げといった形でそのしわ寄せが表れています。

後半戦(セカンドライフ)に備え前半戦にすべきこと

我々はいつか働かなく(働けなく)なります。ですから不慮の事故のような負傷退場がない限り、全ての人が必ず後半戦を迎えます。そして後半戦こそ勤労収入がなくなることが問題となる可能性が高いのです。ですから自分の理想とする後半戦を迎えるために大事なことは、いかに前半戦を有利に進めることができるか、前半戦の試合運びがカギを握ります。そこで、

・前半戦はお金(資産)を増やすためのピリオド
・後半戦はお金(資産)を活用(使う)するためのピリオド

と捉え、前半戦を戦いながら後半戦にも備えることがとても重要なのです。
前半戦は働いていますから、お給料などの定期的な収入があります。その収入の一部を後半戦のために貯蓄したり、資産運用したりしておくことです。またできるだけ試合の、前半戦の割合を長くするのも一つの工夫です。つまり身体が十分に動くうちは働き、できるだけ長い前半戦にするのです。例え定年退職が60歳であっても、身体が元気であれば少しでも収入が得られるよう働けばよいのです。(高齢者の雇用問題等はありますが)
そうやって前半戦で有利な試合運びができれば、後半戦が15年だろうが20年だろうが十分に戦えるだけのものを自分自身で準備しておくことができるのではないでしょうか。

いずれにせよ前半戦の早い段階から、試合全般を見越した対応ができるかどうかがとても大切です。とは言え、日々の生活に追われ、中々後半戦まで考えが及ばないことも多いでしょうし、若いうちはセカンドライフのことなどまだまだ先の事と思ってしまいがちですが、素敵な試合となりますよう応援させていただきます。

後半戦のための資金面に関する前半戦の戦い方(セカンドライフのための今からできる資産形成の方法や考え方)のご相談は、いつでもお気軽にお問い合わせください。

おさえておきたいその他の記事