香港保険業界の番人-香港保険業監管局(Insurance Authorities)

アジアのオフショア金融センター「香港」

香港はニューヨーク、ロンドンと並び、アジアを代表する「オフショア金融センター」としての地位を獲得しており、経済自由度ランキングは、昨年までの25年間世界一位を維持しておりました。世界トップクラスの金融機関が多数進出し、競争を展開している香港では、健全な競争原理が機能しているため、より魅力的な金融商品が多いです。
世界に認められる金融センターとしての地位と信頼を維持するため、法律や管理・監督も厳格です。今回は香港の保険業界についてご紹介いたします。

Insurance Authority (保険業監管局)の役割

香港に在籍する保険会社および保険仲介業者は、「Insurance Ordinance(保険条例)」、「保険会社規則および保険を含むその補助的な法律」によって規制されており、現在はInsurance Authority (保険業監管局)が、独立機関として保険業界の規制を担当しております。(日本の金融庁監督局保険課のようなもの)

Insurance Authorities(保険業監管局)のホームページはこちら

2015年12月7日、保険条例に基づいて保険業監管局は設立されました。 保険業監管局は、政府や業界から独立した新しい保険規制当局で、その設立目的は、香港の保険業界の安定した発展を促進し、保険契約者により良い保護を提供し、保険監督者国際機構の要件に準拠するために規制インフラストラクチャーを近代化することです。

2017年6月26日、保険業監管局は、当時の政府部門であった保険委員会の規制機能を引き継ぎ、保険会社の規制を開始しました。そして2019年9月23日、保険業監管局は下記の3つの自主規制機関(Self-regulatory Organizations(SROs))から保険仲介業者の規制を引き継ぎました。

香港保険業聯會(The Hong Kong Federation of Insurers(HKFI))
香港保険顧問聯會(The Hong Kong Confederation of Insurance Brokers(CIB))
香港専業保険経紀協會(Professional Insurance Brokers Association(PIBA))

保険業監管局の主な役割は、既存および潜在的な保険契約者の保護と、保険業界の安定と促進のために業界を規制・監督することです。 ただし、保険契約の条件の決定や保険料率の決定など、保険会社の日常業務には関与しません。 またこれまでの保険委員会の機能を引き継ぐことに加え、下記の新しい法定機能が、保険条例によって組み込まれています。

・保険業界の持続可能な市場開発を促進
・世界の保険市場における保険業界の競争力を促進
・保険商品および保険業界の保険契約者および潜在的な保険契約者による理解の促進
・保険業界に影響を与える問題の調査実施

いずれにせよ保険業監管局は、香港の保険業界が世界の信用を獲得し、世界レベルで戦えるための土台を担っています。

日本より多い保険会社

香港に進出している生命保険会社数、損害保険会社数を日本と比較してみます。

生命保険会社損害保険会社人口
日 本42551.2億
香 港5391750万

香港の人口は日本の約16分の1ですが、生命保険会社数、損害保険会社数、共に日本より多いですから、顧客獲得競争は相当激しいです。さらに香港域外・海外の外国人も顧客対象とするために、世界に通用する金融商品が提供できなければ、業界で生き残るのは難しいマーケットです。

保険会社と保険代理店の数

2020年6月30日現在、香港では165の保険会社(91の一般事業保険会社、53の長期事業(または生命)保険会社および21の複合保険会社)が認可されています。 これらの保険会社のうち、95社は香港で設立された企業であり、残りは21の異なる国/地域からのものであり、バミューダ(12)をはじめ、英国(10)と米国(9)がそれに続きます。

2020年6月30日現在、認可された保険代理店は2,398、認可された個人保険代理店は85,509、認可されたテクニカル代表者(代理人)は26,951です。 さらに、認可された保険ブローカー会社は827、認可されたテクニカル代表(ブローカー)は10,419です。

2019年の保険事業の保険料総額は、5,669億香港ドル(726億米ドル)でした。

一般事業では、事故・健康保険(33%)、一般賠償責任保険(23%)、物的損害(19%)、自動車(11%)事業が、2019年の総保険料の主な事業分野です。 2019年のオフィス保険料では、事業、個人生命保険(86%)が最も多く、年金(11%)がそれに続きます。 2019年末時点では、1,320万人の個人生命保険が施行されています。個人生命保険の施行が1320万人で、香港の人口を考慮すると、香港居住者以外の契約も多いことは容易に想像できます。

保険代理店と保険ブローカーの違い

保険代理店と保険ブローカーは、保険条例に基づきライセンスを保有します。共に保険会社と契約者の仲介役として、アドバイスや事務手続きを行うという点で立ち位置は一緒ですが、保険代理店は保険会社の代理人として活動し、保険ブローカーは保険契約者の代理人として活動している点が違います。

まとめ

香港では、保険業監管局(Insurnce Authorities)が政府にも業界にも属さず、独立機関として保険業界全体を監督・管理しております。

香港の主要産業は「金融」ですから、金融業界の信用維持のために、業界への監督が厳しくなるのは当たり前です。その結果、香港では保険会社が過去に一社も破綻したケースがないのもうなずけます。つまり大切な資産を預ける消費者の立場としては、香港は信用の高い好都合な地域と言うことができます。

保険のご相談、運用についてのご質問は、お気軽にお問い合わせください。

おさえておきたいその他の記事