台湾在住者 個別相談事例のご紹介 ~50歳男性駐在員のケース~
個別面談
  • 年齢:50歳
  • 性別:男性
  • 職業:代表駐在員
  • 相談内容:
    子供もある程度大きくなっており(大学生)、学費の工面も大体見通しがついている。
    一方夫婦の老後資金については、今まで特に何もしてこなかったので、老後資金は、厚生年金と退職金のみなので、少し不安を感じている。
    特に株式投資や資産運用はしたことがなく、知識もない。
    台湾駐在中に貯めることができた台湾と日本の銀行預金を、何か少しでも増やせる方法があれば検討したい。

「銀行(定期)預金よりいい利回りの運用が知りたい!」

とよく言われます。最近の預金金利はどこも低いので皆さんそうおっしゃいます。確かに、台湾ドルも日本円も、1%を切っている状況が恒常化しております。

銀行に預金しておいてもあまりお金は増えませんが、預金には預金のメリットもあることをまず確認しておきます。預金の一番のメリットは、

「いつでも引き出せる(いつでも現金化し易い)」

という流動性の高さです。いつでも現金化できるということは、有事に重要なメリットです。万が一に備え、ある程度の現金は、いつも手元のおいておく必要があります。

しかし流動性を有しないお金までも銀行預金していることは、本来取ることができる流動性リスクを取らないことですから、機会ロス(受け取れたかもしれないリターンを逃している)とも言えます。

今回のお客様は、台湾と日本で合わせて1,500万円相当の資金を、ずっと銀行預金で預けていらっしゃいました。そして退職時まで特に使う予定もないということでした。ですから、退職される65歳までの15年間、流動性リスクを取った運用が可能となります。そこでお客様には、下記の貯蓄型保険をご提案差し上げました。

  • 保険会社:イギリスに本社がある保険会社(こちら
  • 拠点:  香港
  • 格付け: S&P社でA
  • 商品:  貯蓄型米ドル建て終身保険
  • 保険料: 10万米ドル(500万円は念のためお手元に置いておくことにしました。
  • 支払方法:一時払い

この保険商品は、「保障」より「運用」を主目的とし、保険会社は債券のみならず株式にも一定割合分散投資しながら増やしていく商品です。

この保険商品の特徴は、まず運用の良し悪しに関係なく、保険会社が必ず保証する分(ギャランティーと呼びます)が付いております。ギャランティーは契約後毎年少しずつ増えていき、17年経過時に元本到達を保証しております。

そして保証分の他に、毎年貰える運用益(金利や配当)もございます。こちらは運用如何で変動するのですが、その運用益が契約時の設計書通りに貰えたとすると、保証分+運用益で、元本到達を5年後に達成します。ただ運用益はあくまで予定のため、実際には6年以上かかる場合もございますが、いずれにせよ早い年数で元本は戻る商品となっております。

流動性リスクの観点から、この商品は、最低でも5年以上は預けておける資金で始められる方が対象となります。今回のお客様は、15年は手を付けずに置いておける資金でしたので、この保険商品が当てはまりました。

契約時における将来の予定解約返戻金は、

5年経過時102,400米ドル(予定返戻率102%)

15年経過時198,599米ドル(予定返戻率198%・年利約4.6%)

を見込んでおります。

もし65歳でリタイアされても、退職金等の手元資金でしばらく生活ができるのであれば、この保険商品をすぐに解約する必要はなくなります。仮にそのまま運用を継続し、20年運用することができれば、予定解約返戻金は281,818米ドルです。(予定返戻率281%、年利約5.3%)

またこの保険商品は、解約方法が自由に決定出来る点で、あるタイミングで全解約でも結構ですし、必要な分だけ部分解約し残りはそのまま運用を継続する、といったことも可能です。

また満期前にお客様(被保険者)が死亡した場合は、 受取人を事前に指定しておくことで、死亡保険金をご希望の受取人に引き継ぐことができます。また早期に亡くなった場合でも、死亡保険金が支払保険料を下回ることはございません。

運用目的、ご年齢、運用可能期間、運用資金額、お取りいただけるリスク、目指すリターンなどにより、運用方法、選択する金融商品は変わってまります。最適な資産形成をご希望の方は、ぜひお気軽に無料相談をご利用ください。

おさえておきたいその他の記事