おススメ動画BLOG
日本と海外の投資信託の違い

資産運用を検討する際、いろいろな方法がありますが、投資信託もまた選択の一つになってくるかと思います。今日は、最近日本で販売されている投資信託の状況を調べてみました。

下記リストは、日本で販売されている純資産残高トップ10の投資信託です。(2020年8月24日付)

まず10本とも株式をメインに運用している投資信託でした。そして10本のうち9本が、日本国内のTOPIX、ないし日経225に連動する投資信託でした。(9位のピクテ・グローバル・インカム株式のみ国際株式に投資しています)

この偏りにはちょっと驚きましたが、ある意味日本の企業、日本の経済にとっては良いことです。日本人が手元で余っている(今必要としない)お金が、これら投資信託を通して、日本中の企業に出資され、そしてそのお金を活用して新しい商品開発や企業価値の向上や社会貢献のために頑張ってもらえているわけです。

そしてこの10本にはある共通点があります。それは、

「全ての投資信託で、配当金が定期的に出る」

という点です。

投資信託によってまちまちではありますが、毎月・毎年、運用によって分配金(配当金)がもらえます。実は投資信託にはこの分配金が出ないタイプもございます。(もしくは出ても貰わずに運用継続を選択できるものもあります)

さて皆さまはこの分配金をどう捉えますか。

「定期的にお小遣いがもらえるみたいで有難い」
「年金の足しになるのでうれしい」
「ちゃんと運用されていることがわかってよい」

など、肯定的に受け取る方も多いのではないでしょうか。実際このトップ10だけでなく、日本にはこの分配金が出るタイプの投資信託は実に多く、国内で販売されている投資信託の半分以上はこの分配金が出るタイプです。

この分配金がもらえるメリットは、定期的にお金がもらえることです。毎月の収入の補填、年金の足しにもなります。しかし気を付けなければならないのは、投資信託に利益が出ていれば、分配金を貰う度に課税されているということと、当然事務的な手間も発生していますから、その分の事務手数料も中で支払います。分配金をもらう際のデメリットはこのような余分なコストがかかることです。

分配金は、元本を取り崩してもらいますので、結果的に元本は減りしますから、先に学んだ「複利の力」は期待しにくくなります。

大事なのは、その投資信託に投資を決めた際、どのぐらいの運用期間を検討していたかです。そもそもまとまった資金を投資信託に投資した段階で、その資金はしばらくは必要ないものと思い投資されたと思います。1年程度の短期的な結果は求めていないはずです。にもかかわらず、分配型投資信託は、投資を開始した翌月(翌年)に、資金の一部を分配金として、更に税金や事務手数料が差し引かれてお手元に戻ってくるのです。投資を開始して、翌月に数百円とか数千円が戻ってきてどうでしょうか。今必要でしょうか。投資を開始して翌月に数百円が必要な方は、そもそもその投資信託での運用が選択肢にはならないはずです。

ちなみにこの分配金は、投資信託の運用がよくなくても出るタイプもございます。これはまさにタコが自分の足を食べているのと一緒で、自己資金の元本を取り崩して、事務手数料を支払って分配金を出しているに他なりません。本来分配金をもらって喜んでいる場合ではないのです。

投資信託は、ある程度の流動性(解約しない)リスクをとり、中長期でプロのファンドマネージャーに運用を任せ、複利で資産運用するのが本来の運用手法で、海外では分配金が出るタイプの投資信託はあまり見当たりません。しかし日本で販売されている投資信託は、大半がこの分配金が出るタイプです。その理由は、

・分配金を喜ぶ投資家がたくさんいるから
・販売する側は手数料が徴収できるから

です。みなさんが儲けるために投資するべきところを、金融機関を儲けさせても仕方ありません。

海外では投資信託は長期投資が当たり前

参考までに、下記は2019年アメリカで最も売れたミューチュアルファンドトップ10です。ちなみにアメリカでは、一般投資家が購入できる投資信託のことをミューチュアルファンド(Mutual Funds)と呼びます。

この10のファンドのうち、Dodge & Cox Stockの2つのファンドだけが、四半期ごとに配当をもらうことができるタイプでした。

海外と日本の投資信託の違いに、分配金の有無と併せて、ファンド寿命も大きな違いがあります。日本では短期売買の方が多いので、投資信託から資金がすぐ引き上げられてしまうため、運用が短命になりがちです。一方海外では、多くの投資家が長期戦を前提にファンドに資金を投入しますので、組成後数十年といった長寿ファンドがゴロゴロしています。

1位のVanguard Dividend Growth Fundは1992年設立で、すでに28年運用されているファンドです。そして5位のFidelity Contrafundは1967年に、8位のDodge & Cox Stockは1965年に組成されたファンドですので、50年以上も運用されています。日本において、これほど長寿のファンドを取り扱っている証券会社は、まずないと思います。日本の証券会社でも、こういった長寿ファンドを多く取り扱うようになれば、長期運用を前提とした資産形成への意識が高まってくるのかもしれませんね。

おさえておきたいその他の記事