おススメ動画BLOG
台湾在住者におススメの学資保険-サン・ライフ香港の「コミットメント」(養老保険)

何故学資保険に加入するのか

学資保険に加入される方は、お子様が高校や大学に入学するタイミングで、入学金や授業料等まとまったお金が必要になることを想定し、その時点で困らないよう早いうちから少しずつ積み立てておきたいという思いだと思います。

下記の表は、大学入学時に必要な、入学金と初年度学費の合計金額です。公立と私学でも結構な差がありますし、学部でも差がありますね。また実際に必要なお金をこれだけとは限りません。入学前の準備(受験費用、受験の際の交通費や宿泊費)、地方から上京するとなれば仕送りも別途かかりますし、もし浪人となれば、予備校授業料やその予備校までの交通費など、とにかく入学のタイミングでまとまったお金が出ていくのは間違いありません。ですからある程度計画を立て、前もって準備しておくに越したことはなさそうです。

では仮にお子様が今3歳とします。すると15年後のお子様が18歳の時に、大学受験・入学でまとまったお金が必要になりそうだと想定します。もし500万円を用意しておきたい場合、

500万円÷15年÷12か月=27,777円

今日から毎月27,777円を、15年間貯金箱にでも銀行にでも積み立て続けることができれば、その目標は達成できます。

ただここで問題が2つあります。

問題1:毎月27,777円の積立を15年間継続できなかったら、目標は達成できない。

もし途中1度でも積立ができないことがあると、この目標の500万円は達成することができません。しかし将来何があるかは本当にわからりません。お子様が小さいうちはまだよいのですが、大きくなると、習い事や補習授業の月謝等がかかるようになるかもしれませんし、更にお子様の数が増えれば、支出は間違いなく増えますし、同額の積立の継続は難しくなるかもしれません。

問題2:貯金箱や預金に手をつけないで我慢できるか。

貯金(預金)のいいところは、いつでも出せることです。流動があり、現金化のしやすさが貯金(預金)のメリットです。有事にすぐ現金化できるのは有難い反面、出せてしまうために結果的に目標が達成できなくなる恐れがあります。

数年後、どうしても自家用車が欲しいと思った時、貯金箱(預金)のお金が目に留まります。元々はお子様が18歳になった時のためにコツコツ貯めていたにもかかわらず、「この貯金のお金が実際に必要なのはまだ先だから、ちょっとだけ一時的に拝借しよう。後で戻せばよいし。。。」なんてことになってしまうわけです。目の前に現金があると、どうしても未来の目的より、目先のことを優先してしまう事もあります。すると、本来の目標である、子供の学資金は達成できなくなっていまします。

学資保険のメリットとは

そこで、これら問題を解決してくれるのが、学資保険での運用となります。学資保険のメリットは、大きく2つで、上記の2つの問題点を解決してくれます。

1、保険会社はただ保険料を預かるのではなく運用をします。今回のケースであれば、毎月27,777円を15年支払うよりも少ない支払いで、目標の500万円が達成可能になります。どれぐらい少なくて済むかは、保険会社の運用次第ということになります。

2、保険契約後、満期を迎える前に解約しようとすると、保険会社に早期解約手数料を支払う必要があります。満期前の解約ですと、たいてい支払った元本より解約返戻金は下回ります。ですから元本割れを承知の上で、保険を解約してまで自家用車を購入しようとはなかなか思えなくなります。流動性リスクを取っていることで、解約しにくいことで、結果的に本来の目標が達成できるメリットが保険にはあります。

学資保険は、ゴール(目的)を決めて必ず達成したい方には非常に有効な運用商品です。

しかし、、、

最近の日本の学資保険は、保険会社の運用利回りがかなり低くなっており、18年積み立てても、返戻率は投資金額に対して105%前後(500万円の積立で525万円を受け取るぐらい)しかありません。ただこれは保険の運用先である日本国債の利回りがずっと低迷していますので、仕方ありません。

海外の学資保険のすすめ

もし台湾(海外)在住の方で、学資保険を検討されたい方がいらっしゃいましたら、香港の養老保険をお勧めします。

  • 保険会社名:サン・ライフ香港
  • 本社:カナダ(カナダ・アメリカ市場で上場)
  • 格付け:AA-(S&P) 10年以上この格付けを維持しており、今年サン・ライフ香港もS&Pの格付けを申請し、親会社と同じAA-を取得
  • 歴史:1892年設立(カナダは1965年)。アジアマーケットを中心に活動している保険会社
  • 商品名:Commitment (コミットメント)
  • 債券運用をメインに、安定したリターンが期待できる養老保険
  • 来港なしで、郵送でお申し込みが現在可能(2020年6月時点)
  • 保険料の支払いはクレジットカードも可能

サン・ライフ香港が発行するコミットメントのパンフレットはコチラ

この商品の特徴は、支払い期間と運用期間を10年から35年の間で、ご契約時にご自身で決めることができます。ご契約時に決めた満期まで資金を出さないことを前提にしている金融商品なので、予定利回りも通常より高くなっており、運用資金のメドと運用の目的(ゴール)を明確に設定できる方には、非常よい商品です。

支払方法は、一時払い、5年払い、若しくは10年から35年の契約年数払いから選択ができます。

特約として、支払い期間中に契約者が亡くなった場合、残りの保険料の支払いは免除になります。また支払保険料により死亡保険金が少し出ますが、まとまった解約返戻金の受取はあくまで満期時になります。

同じような特約が、日本の学資保険でもよくあります。契約者が満期前に亡くなってしまった場合に、残りの保険料は免除され、満期時に約束された解約返戻金を受け取れます。万が一の際にもお子様に一定の資産を必ず残せて、元来の目的は達成できるわけです。
(ただこの特約も、保険会社が無料で提供してくれているわけではなく、契約者の保険料で賄っていることはお察しの通りです。)

冒頭の例で、

支払い期間 :15年
保険料   :27,777円/月(333,334円/年)、合計500万円

満期時の受取金額は下記のとおりです。

【預貯金を利用した場合(金利ゼロの場合)】
500万円

【日本の学資保険を利用した場合(返戻率105%)】
525万円

【サン・ライフ社コミットメントを利用した場合(返戻率132%】

660万円(1ドル100円で計算)

※一時払い、5年払いを選択すれば、さらに返戻率は上がります。

ご覧の通り、圧倒的にコミットメントの返戻率が高くなっています。注意点としては、コミットメントは米ドル建てになりますので、支払い時・受取時の為替レートにより日本円での返戻額・返戻率は変動します。その為替リスクを取ったとしても、十分日本の学資保険よりも高いリターンが見込めます。

日本では、お子様がいれば学資保険は必ず加入するもの、といったイメージをお持ちの方も多いようですが、学資保険は、「MUST TO HAVE」 と言うより、「NICE TO HAVE」的な商品です。加入するかどうかは、各ご家庭のご事情によりますので、よくご家族で話し合っていただくのがよいです。必要であれば、いつでもご相談下さい。

おさえておきたいその他の記事