おススメ動画BLOG
【動画付き】≈台湾(海外)在住者必見≈ 海外在住日本人が申込可能な資産運用ツール「貯蓄型保険」 商品別利回り徹底比較!

海外居住日本人を受け入れている保険会社

海外に駐在された際、少しずつ溜まってきた現地外貨を運用しようと思う方は多いです。その際海外保険を検討される方も多く、日本の保険より利回りが良いものに出くわすことも多いのではないでしょうか。そして日本居住の日本人はNGでも、海外居住中・駐在中の日本人であれば引き受けるという保険会社もございます。ですから今のうちに加入してしまおうということになるのですが、海外の保険なら利回りがよければどれでもよいというわけではありません。保険は長期契約が前提になりますので、長い目で見たその保険会社の信用性だったり、カントリーリスクだったり、また現地通貨の保険であれば為替リスクなどを加味する必要があります。駐在の方であれば、帰国後の事務手続きも踏まえて慎重に、安全度・信用度が高い地域の保険会社を選択したいところです。

アジア地域であれば、私は香港かシンガポールをいつもお勧めしております。一番の理由は、ニューヨーク、ロンドンに並ぶ世界トップクラスの金融先進地域であり、主要産業が金融だからです。自国経済を支える産業に対しては、政府の後ろ盾があります。両国とも金融業界に対する法律や当局の監督は非常に厳しく、これはつまりお金を預ける側にとっての大きな安心材料です。今回は香港で契約可能な海外居住日本人向けの貯蓄型保険を解説させていただきます。

現在香港には、地場系、外資系含め全部で53社の生命保険会社(※)がございます。ちなみに日本は42社です。香港の人口は日本の18分の1ですから、対人口比でみると、香港の方が競争が厳しいマーケットであることは一目瞭然です。

※損害保険会社も、香港91社、日本53社で香港の方が多いです。

そのうち海外居住日本人の申込を受け入れている保険会社は限られており、その代表格となる保険会社を商品別に予定返戻率と合わせて動画でまとめております。

保険会社概要

Sun Life Hong Kong

  • 本社はカナダ(1865年設立)
  • カナダ・アメリカ・シンガポールで上場
  • 香港は1892年に進出
  • 格付けはカナダ・香港ともにAA-(S&P)
  • https://www.sunlife.com.hk/en/
  • 主な貯蓄型保険:Victory, Vision, Commitment, Life Brilliance, Bright UL Wealth Builder

Prudential Hong Kong

  • 本社はロンドン(1848年設立)
  • イギリスで上場、英国最大手保険会社
  • 格付けA(S&P)(イギリス)
  • 香港は1964年に進出
  • https://www.prudential.com.hk/en/
  • 主な貯蓄型保険:Evergreen Growth Saver Plus 2

FTLife Insurance Company Limited

  • 前身はベルギーのアジアス
  • 2016年に香港財閥系不動産大手New World Development(香港上場)の傘下に
  • 香港、中国を中心にアジア全域に保険とアセットマネージメントサービスを展開
  • 格付けA-(Fitch)
  • https://www.ftlife.com.hk/en/
  • 主な貯蓄型保険:Regent Prime

YF Life Insurance International Ltd

  • 前身はアメリカのマスミューチュアルアジア
  • 現在は中華系金融グループYunfeng(香港上場)の傘下に
  • 格付けA-(Fitch)、A3(Moody's)
  • http://corp.yflife.com/en
  • 主な貯蓄型保険:Infinity Saver 2

FWD Life Insurance Company Limited

  • 2013年中国系Pacific Centuryグループの保険部門として設立
  • 2017年日本の富士生命買収(現FWD富士生命)
  • 2020年Metlife Hong Kongを買収
  • 格付けBaa3(Moody's)
  • https://www.fwd.com.hk/en/
  • 主な貯蓄型保険:MaxFocus Achiever, MaxFocus Infinity

どの保険会社がよいか

香港の主要産業は金融です。世界の人々に受け入れられる金融を維持できなければ、自国経済が成り立ちません。世界に通用する金融を維持するために、金融機関に対する様々な法律が厳格に整備されており、保険業においては、保険業監管局(Insurance Authority)が独立機関として保険会社や保険代理店・保険ブローカーを監督しております。香港内の保険会社は、過去において一社たりとも破綻したケースはございません。上記5社も企業規模の大小はありますが、破綻リスクは極めて低いと思われますが、いくつかの項目から比較をしてみます。

信用格付け

S&P(スタンダードアンドプアーズ)、Fitch(フィッチ)、Moody's(ムーディーズ)といった信用格付け会社はよくお耳にすると思いますが、各社それぞれの物差しで、国債・社債の償還能力や企業の財務調査を行っており、総合的な判断材料として利用することができます。(ウィキペディア:信用格付け)その中でも金融業界において最も参照されるのはS&Pです。その点ではAA-を獲得しているサン・ライフは一番信用力が高いと言えます。またサン・ライフの場合、サンライフ香港がアジア支社にも関わらず、カナダ本社同様にS&Pの格付けを申請・獲得している点はプラス材料と言えるでしょう。

保険会社名格付け
サン・ライフ香港AA-(S&P)
プルデンシャル香港A(S&P)(イギリス本社の格付け)
FTライフA-(Fitch)
YFライフA-(Fitch) A3(Moody's)
FWDライフBaa3(Moody's)

知名度

日本人における知名度では、FWDが2017年に富士生命を買収し、社名もFWD富士生命となっておりますので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。FWD富士生命は、保険料収入ベースでは1位の第一生命の18分の1(2020年)ですので、日本マーケットでは中堅クラスの保険会社ではあります。
ちなみに日本にはプルデンシャル生命が進出しておりますが、日本のプルデンシャルはアメリカが本社です。香港のプルデンシャルは、本社はイギリスで別会社です。同名ですが両者には資本関係等は一切ありません。

歴史

保険会社として最も歴史があるのは、プルデンシャル(イギリス)で1848年設立です。そして香港において最も長く営業している保険会社は、サン・ライフ香港で1892年設立です。

保険会社名設立
サン・ライフ香港1892年(香港) (本社カナダは1865年)
プルデンシャル香港1964年(香港) (本社イギリスは1848年)
FTライフ2016年(香港) (前身はAgeas・Fortisなどで1990年後半)
YFライフ2019年(前身のマスミューチュアルアジアは1975年香港進出)
FWDライフ2013年(香港)

FTライフ・YFライフは設立後買収等により社名が変更した経緯がありますが、保険契約には通常影響はありません。「買収される」と、日本では少しネガティブなイメージがあるかもしれませんが、保険業界では買収されることでむしろ信用力が上がるといったこともよくある話です。

規模

最後に総資産でみたランキングです。今回は、Brand Finance : https://brandirectory.com/rankings/insurance/tableをの保険会社トップ100(2021年)を参照しました。
この5社の中では、
サン・ライフが36位
プルデンシャルが第38位
の2社がトップ100にランクインです。ちなみに日本生命が第19位で日本勢ではトップです。

予定解約返戻率とは

最後に、動画で取り上げております予定解約返戻率をご説明しておきます。予定解約返戻金は、

保険会社が必ず約束する「保証分(Guaranteed)」と、
保証はないが現状予定している配当・金利の「非保証分(Non-guaranteed)」
を足したもの

から成り立っています。「保障分」は1ドル単位で保険会社が証券発行時から約束する分で、将来変動しませんが、「非保証分」は証券発行時の予定であり、将来変動します。保証せず変動することを嫌う方がいらっしゃいますが、将来予想以上のインフレをするようなことがあれば、この「非保証分」に反映されることでカバーできるメリットがあり、昨今の香港の貯蓄型保険のほとんどがこのタイプで、今回動画でご紹介している商品は全て当てはまります。

いずれにせよ予定解約返戻率は、あくまで「予定」ですから、検討時の一つの目安としてご参照ください。また是非一度、日本で販売されている同様の外貨建て貯蓄型保険と比較してみてください。予定利回りの差に驚かれることと思います。

下記は動画内でもご紹介しておりますサンライフ社の貯蓄型保険Victory(ヴィクトリー)の商品解説記事です。(動画付き)香港の貯蓄型保険の仕組みをご理解いただくのに併せてご覧ください。

個別相談は随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

Twitterでフォローしよう

おさえておきたいその他の記事