台湾在住中に始めておきたい、誰でも必ず勝てる!資産形成の王道「定額積立投資」

前回資産運用に必要性についてお話しました。資産運用は、全ての人が行うべき社会貢献といっても構いません。皆さんが株を買い、その会社を応援し、その会社の従業員が頑張っていいものを作り、世の中の人々の生活を豊かにする。その会社が得た利潤の一部を分けてもらうことで、結果的にお金を出した自分も、お金を出してもらった会社も、商品を買った人も、そこに関係する全ての人が豊かになれるのが、資産運用の本質と言えます。

では具体的にどういった手法で運用しようとなった時に、色々ある中で、まず皆さんに取り入れていただきたい方法は、「定額積立投資」です。

定額積立投資は、『資産形成の王道』と言われています。王道と言いながらその投資手法はとてもシンプルで、毎月(毎年)一定額をコツコツ積み立てるだけです。

でもただ闇雲に積み立てるのではなく、少し運用を理解できれば、更に大きくできるでしょう。そこで定額積立投資のメリットを2つご紹介します。

1.リスクの軽減

まず一つ目のメリットは、投資のタイミングを分けることでリスクの低減が可能になります。

例えばある企業の株が1000円で購入したとしましょう。(上記図1期目)

この時点での投資金額は1000円です。しかしその後リーマンショック級の経済危機に見舞われ、保有株はマイナス50%となり、株価が500円になってしまいました。では今500円のこの株が、投資元本の1000円に戻るためには、何%株価が上昇すればよいでしょうか。

答えはプラス100%です。よく50%下げたんだからプラス50%で元通りと思ってしまう方もいらっしゃるのですが、500円のプラス50%は750円にしかなりません。つまりその倍、要はプラス100%でようやく元本の1000円に戻ることになります。プラス100%は結構大変ですよね。ここから判ることは、下げると元に戻るのに結構な労力が必要になるということです。いわゆる一括投資はこのリスクをはらんでいることがお分かりいただけると思います。

では同じマーケットにおいて、定額積立投資をされているとどうなるでしょうか。

まず1期目に1000円投資します。この時1株購入できます。

続いて2期目にも定額投資ですから1000円投資します。この時は1株が500円に下がってますから、1000円の投資で2株購入することになります。

すると2期目の時点では、合計2000円投資し、保有株数は3株(1期目に1株、2期目に2株なので計3株)となります。2000円÷3株で1株当たりの平均単価が出ます。つまり1株当たり667円で購入したことになります。株価が667円に戻した時点で、定額積立をされていれば投資元本に戻ります。先ほどの一括投資の場合のように500円(100%)も上がらずとも、167円(33.4%(500円から667円になるのに必要な上昇幅))上がるだけでとりあえず元本になるわけです。つまりこれは、投資するタイミングを分けたことで、上下するマーケット、いわゆる価格変動リスクの軽減ができているわけです。

2.リターンの増加

続いて2つ目のメリットは、定額購入し続けることで、購入単価が下がり、結果的にリターンの増加につながります。今回は、ガソリンの購入の例でみてみましょう。

今回はガソリンの給油に4回行ったとします。ガソリンの値段は、都度上がったり下がったりしており、1つは毎回20リットル(定量)購入し(ガソリンランプが点滅したら満タン給油するタイプの方)、もう一つは毎回2000円分(定額)購入(おつりが面倒なのでいつも同じ金額入れる方)です。

1つ目の定量購入の方は、ガソリンの値段によって、毎回支払金額が変わり、4回の合計は8100円、80リットル購入できました。

そして定額購入の方は、、買えるガソリンの量が毎回変わることになり、4回で合計8000円、81リットル購入できました。結論として、定額購入の方がよりよい購入方法と言うことができます。

次は、先程と同じように4回給油をしますが、その際のガソリンの値段の変動幅を少し大きくしてみました。先程はガソリンの値段が、80円から125円の間で変動しましたが、今回は50円から200円の間で大きく変動しており、株式投資はこれに近いイメージかもしれません。

まず20リットルの定量購入ですと、4回で9500円、80リットルの購入となりました。

一方定額購入は、4回で8000円、86リットルも購入できました。こちらも定量購入より定額購入の方がよりよい購入方法だったということになります。

これら2例を見ても分かるように、価格が変動する場合は、購入するタイミングで結果が大きく変わります。そのタイミングによる良し悪しは、下記のように振り分けることができます。

例えば皆さんは、できることならAさんのような投資をしたいと思うのではないでしょうか。安値だけ上手に拾い、高値を避けることができれば、当たり前ですが、その後必ず上がるので大きな収益が見込めます。しかしAさんのような投資判断は、プロの投資家でさえもかなり難しいと思います。Aさんになっているつもりが、気が付けばEさんになってしまった、といった話も多いにあります。高値か安値か、これはあくまで結果論でしかなく、結局のところタイミングをみた投資は難しいということです。

ではその価格変動するマーケットに、定額積立投資で対抗するとどうなるか、実は自動的にBさんになることができます。(ちなみに定量購入すると、Cさんになります。)

実際に毎回定額の2000円分のガソリンを給油すると決めたことで、高い時は少ししか買えませんが、安い時は多く買えました。

Aさんになることは難しいと受け入れ(諦め?)、ただ何も考えずに定額積立投資をすることで、Aさんの次によいBさんに自動的になれてしまうのです。

また定額積立投資は精神的な面でも優れていると思います。一般的に投資されている方(株などの資産を保有されている方や上記の例のように一括投資をされている方)が心配になる下げマーケットも、定額積立投資をしている人にとっては、既存の保有分は、時価ベースでは一時的に下がていても、新規追加購入分は、以前よりさらに安く買えるチャンスであり、平均購入単価を下げることになり、いずれまたマーケットが戻った時にしっかり収益を上げることができるからです。

もうこれしかない!「強制天引き」

以上定額積立投資を魅力をご紹介してきましたがご理解いただけましたでしょうか。

そこでもし皆さんが本気で資産を作りたいのであれば、是非実践していただきたいのは、『強制天引き』です。

ご相談者の中には、資産運用ができるだけの余裕資金ができたらまた相談したい、という方もいらっしゃいますが、そういった方は、まず戻ってきません。何故なら、そういう方に限って、いつまでたっても運用資金は貯まらないからです。というのも、よほど自分に厳しい方でない限り、大抵の方は、「パーキンソンの法則(収入に対して支出は限りなく膨張する、要はお金はあるとあった分だけ使ってしまうという、ちょっと耳が痛い法則です。)」が当てはまってしまうからと言われています。実のところ私自身も多分に漏れず、お金はあるとつかってしまうタイプです。そこで発想を逆にします。

自分の収入から、まず積み立て分を先に天引きしてしまい、残った分で生活を切り盛りするようにします。

これだけ聞くと、毎月一定額減るわけですから、生活が少々しんどくなりそうな気がしてきますね。でも是非世の中を見渡してください。その差し引いた後のお金で生活している人、もしくはそれ以下で生計を立てている人なんてこの世の中に五万といるのではないでしょうか。そうやって少しずつ積立をしていくのです。

例えば、3万円を40歳から毎月積み立てていけば、何も運用をしなかったとしても、65歳では900万円も貯めることができます。少し生活を切り詰めて、積立を愚直に続けるだけで900万円が作れるのです。塵も積もれば本当に大きな山を築くことができるでしょう。

ツールとしては、確定拠出型年金、積立NISA、IDECO、企業年金、オフショア積立商品など色々ありますので、できることから始めるようにしましょう。


おすすめです!!

「私の財産告白」の著者、本田清六は、20代から「四分の一天引き貯金」を実直に実践し、巨額の資産を築いた昭和初期の偉人です。彼から学べる資産運用の姿勢は多くありますので、もしお金持ちになりたい、資産運用に失敗したくない方は、是非一度手に取っていただきたいお勧め図書です!

おすすめの記事