株式投資

投機とは

デイトレード(株式)、FX(為替)、コモディティ(金など)、仮想通貨、皆さんも資産運用の方法として、一度は耳にしたことがある言葉だと思います。これらは、

買った株が、買値より上がれば儲け、下がれば損失。

買った円やドルが、買値より上がれば儲け、下がれば損失。

買った金が、買値より上がれば儲け、下がれば損失。

買ったビットコインが、買値より上がれば儲け、下がれば損失。

といった具合に、自分の思い通りの値動きになった時に儲けることができ、反対だと損をします。その儲ける精度を上げるために、チャートによるテクニカル分析や、過去のデータ・値動き、コンピューターなどを駆使して、より儲けるための戦略を練るわけです。結局のところ、この儲けた・損した(=勝った・負けた)の世界が、「投機」になります。

投機とは、資本を提供し、機(=タイミング)による価格差から収益を期待する運用のことです。

ですから投機は、誰かを出し抜いて初めて儲けることができます。

例えば、何かしらのルートでA社の株が上がるという情報を得たとします。早速その株を購入したいわけですが、株を購入するには、必ず誰かが売却してくれないと購入できません。しかし同じ情報を得ている方が株を手放すことはまず考えられません。つまり株を売却してくれる方は、同じ情報を持っていない方に限られます。もし運よく株を購入することができ、その後情報通り株価が上がり、儲けることができたとしたら、それは株を売却し、機会ロスをしてくれた方を出し抜くことができた結果です。

逆も然りで、保有するA社の株が下がるという情報が入ったとします。自分の保有株を売却するためには、株が下がるという同じ情報を持っていない方に購入してもらわないと手放せません。もし運よく売却でき、その後情報通り株が下がれば、損をせずに済んだ一方、購入された方は残念な結果です。

これは「ゼロサム」とも言い、合計するとゼロになる奪い合いですから、儲ける人がいれば、必ず損する人がいることになります。自分が億り人になれると、どこかの誰かが必ずその分を損して不幸になっている可能性があります。

投資とは

一方「投資」とは、あなたの持っている資金を提供し、他者に働いてもらうことで価値創造から収益を期待することです。

銀行預金であれば、銀行が資金を必要としている方々(例:住宅ローンを組みたい人や、新規に工場を建設したい経営者など)に融資をし、融資先から得た金利の一部を預金者と分け合います。銀行が預金者の代わりに働いてくれるのが預金です。

債券は、お金を必要としている企業に貸すことで、借りた企業はその資金を活用して事業をし、約束の期日に元本と金利を返してくれます。貸出先が働いてくれるのが債券です。

株式は、出資することで、その企業の経営者や従業員が、出資してもらった資金を活用して事業をし、収益を上げることができると、配当などで収益を受け取れます。出資先が働いてくれるのが株式です。

資本の提供方法は色々ありますが、いずれにせよ手持ちの資金が、預金や債券や株式を通して、今必要としている人や企業に渡り、有効活用され、社会に対する価値が創造され、そこから得た収益を分け合うことができるのが投資です。

投機と投資の共通点と相違点

投機と投資の共通点は、
・どちらも資金を提供するという点では一緒です。
・そしてどちらとも、「損するかもしれない」という不確実性が存在します。

相違点は、
・投機は思惑通りの価格変動を期待し、投資は資金を出資先の価値創造を期待します。
・投機は他者を出し抜き、投資は人類全体の発展に貢献しようとします。
・投機はゼロサムなので、必ず勝者と敗者に分かれますが、投資は資金の出資者も出資してもらった方も、両社が勝者になれる可能性があります。

以上資産運用には2種類あることがお分かりいただけましたでしょうか。投機と投資が一緒になってしまっていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。私自身も以前は投機と投資の違いを知らず、資産運用と思いながら株式のデイトレードをしておりました。そもそも日々の株式市場参加者は、7割以上がプロの機関投資家ですから、今思えば損して必然だったと自分を納得させております。
投機はギャンブルですから、勝った負けたでそれはそれで楽しいのですが、投機と投資の違いを知った今、どうせなら自分の資金が社会の役に立つ形で使ってもらえた上で増やせる方がより意義があると思い、今はもっぱら長期での株式や債券での運用をしています。是非皆さまもこういった資産運用の本質的なところも一緒に勉強しましょう。

おすすめの記事