insurance 保険

今皆さんが契約されている保険の、満期まで支払う保険料総額をご存知ですか。

個別面談させていただく際に、やはり多い相談内容の一つが、既契約の保険の見直しになります。保険は生涯で2番目に高い買い物と言われるほどで、毎月の掛け金はそれほどでなくても、保険契約の多くは長期契約なので、トータルで支払う保険料は結構な金額になります。

例えば、25歳で月保険料15,000円の保険を65歳まで支払ったとしたら、

15,000x12か月=180,000円

180,000円x40年=720万円 

となります。冷静になると結構な金額です。

まずここでまず大事なポイントは、

本当に契約した時に、ご自身が720万円の買い物をすることを意識して契約されたかどうか

です。月々の支払は大したことないにしても、契約時に、720万円の買い物をしようとしている意識があったのか、そして万が一途中でやめるようなことになれば、高い早期解約手数料が発生することを理解していたか(たいてい早期解約は元本われの可能性が高いです)、そこまで意識できている方はそう多くはない気がします。

700万円の高級車を購入しようとしたら、やっぱり相当吟味しますよね。でも保険だと、他社との比較もほどほどで、何となく言われるがままに契約してしまったりする方もいらっしゃるから驚きです。

貯蓄性の保険で、保障目的というより、貯金の代わりといったような運用を主な理由として契約された場合も、保険以外の選択肢との比較をしたのかと言った点も大事です。

更に保険に関しては、年齢を重ねれば、結婚もするかもしれないですし、子供もできて家族が増えるかもしれません。家も買うかもしれませんし、車も買うかもしれません。持つものが多くなると万が一に備えようと、医療保険、学資保険、火災保険、自動車保険などなど、個人差はありますが、複数の保険を契約し、トータルでは結構な保険料を毎月(毎年)支払うことになります。

ここで、とても極端な言い方をしますが、保険は基本的に、

「負けるギャンブル」

ということをご理解下さい。何故なら保険会社は、皆さんが支払った保険料で運用しますが、その運用で得た運用益を、全ては契約者に還元していないからです。

保険商品は、アクチュアリーという保険数理人が、事故や災害の発生頻度、損害率、死亡率などの統計を保険数理をもとに分析し、商品開発や商品内容・保険料の設定、そしてリスク管理を行っています。

そして保険会社は、健全な継続的な事業運営をするために、必要な人材を雇い、事務手続きを行い、契約者のためにサービスを提供するわけです。

つまり、保険契約者が支払った保険料の一部は、そういった様々な保険会社で発生する費用(=事業コスト)の負担に回っているのです。ギャンブルで言うところの寺銭(胴元の取り分)みたいなものが必ず引かれているわけです。ですからトータルで見ると、契約者は、寺銭分は必ず負けるわけです。

コストを負担している以上、できれば負担は少ないに越したことはありません。余分な保険(必要以上の死亡保障、保険契約の特約条項なども例外ではないです)を契約していることは、余分なコストを支払っているに他なりません。

また豆知識ですが、保険料の支払い方でも保険料は変わります。

仮に10年満期の保険に保険料月払いだと、120回に分けて支払うことになります。一方年払いなら12回、一時払いならたったの1回ということです。保険会社の立場になった時に、当然1回の方が120回分割より事務手続き費用が安くなるでしょうね。だからその分保険料が安くなるわけです。

日本人は、投資・運用というと一歩引きますが、保険と言うとなんだか安心する方が多いのも事実です。合計保険料が数百万円もするような契約もお付き合いでしていたり。こういったものをコストの負担だと割り切って見直したら一気に家計が豊になることが多々あります。

最後に保険の見直しポイントを1つご紹介します。

1998年より前に契約された保険であれば、日本の保険会社の多くが、まだ3%前後の利回りを約束していた時代です。ですから現在の1%を切るような環境においては、俗にいう”お宝保険”となり、そのまま継続するほうがお得なケースが多いです。

これは裏を返せば、現在の保険会社にとっては損な契約となりますから、新規商品への切り替えの話を持ち掛けてくることもあるそうです。簡単に応じないように気を付けてください。

一方2000年以降に契約されている場合、日本は既に失われた20年に突入し、低金利時代真っ只中にありますから、保険会社が契約者に約束できる予定利回りも大きく下げてしまっており、運用を目的にした場合、魅力的な商品は少ないです。もし長期での保険契約期間を取れるのであれば、保険を利用しないで、違う運用方法も選択肢になる可能性が高いです。

冒頭の質問に対して、ハッとされた方は、是非ご自身の保険証券を一度ご確認下さい。また保険の見直しもできる個別面談もお気軽にご利用下さい。

おすすめの記事