台湾にお住まいの日本人の皆様初めまして。
当サイトにお越しいただき誠にありがとうございます。
まず私の履歴をご紹介をしてまいります。

1994年 青山学院大学卒業、欧州の大手船会社に入社

1995年 オランダ ロッテルダム駐在(オランダ・ベルギーの日系企業向け業務担当)

1996年 東京勤務

1997年 再度オランダ ロッテルダム駐在(オランダ・ベルギーの日系企業向け営業担当)

2000年 東京勤務

2003年 北京語言大学(北京)に短期語学研修

2004年 香港駐在 中国・香港内の日系企業営業・マーケティング担当

2005年 退職後グローバルサポート香港に

2017年 グローバルサポート台湾代表

そして今に至る

香港の100万ドルの夜景
香港セントラル(金融街)の夜景

実は香港滞在の13年の間に、台湾には一度も行く機会がなく、この異動が決まってから初めて台北に参りました。

香港人はとても親日で、普段の生活の中で、嫌な思いをすることはほとんどなかったのですが、台湾に来てみたら、更に親日な台湾人に驚かされました。香港は物価が高いため、どうしてもいろんなものに割高感があるのですが、台湾はその点では、まだまだ住みやすい街ですね。これから台湾と日本の歴史も色々勉強してみたいですし、腰を据えて頑張ってみたいと思っています。

縁をいただき台北に来ましたが、台湾での私のミッションは、

《台湾居住の全ての日本人の方々に、台湾に住んでいるからできる資産運用を知っていただくこと》です。

私が13年お世話になった香港には、日本ではありえないような金融商品(保険商品)があります。でもよくよく調べていくと、香港の金融商品がすごい、のではなく、日本の金融・金融商品が遅れている、ということに気付きました。決して日本の常識が世界の常識ではないのです。

この違いを知らないと、残念ですが相当な【損】をすることになるのですが、損していることすら気付いていない日本人が沢山いるのが現状です。

経済教育が当たり前の欧米と、お金の勉強がむしろタブー的の日本。

日本には金融商品取引法というルールによって、海外の金融の情報が入りにくいという事情があります。

一方台湾に在住する日本人の皆様は、このルールが適用されませんので、台湾在住の今だからできる資産運用があることをまず知っていただきたいのです。帰国してからでは遅いのです。

私が培った経験と知識をお伝えすることで、皆様が正しい資産運用を実践し、将来豊かな(老後)生活を送っていただくことが出来れば、私が台湾に来た意味、そしてこのホームページを立ち上げた甲斐もあるかと思っています。

どうぞ末永くこれからも宜しくお願い致します。

Global Support Taiwan Ltd.

代表 浅原秀介(あさはらしゅうすけ)

個別相談はいつでもお気軽にお問い合わせください。

おすすめの記事